最近の記事

2021年01月23日

グリーン水素を豪州で事業化 住友商事、太陽光由来 日本経済新聞

グリーン水素を豪州で事業化 住友商事、太陽光由来
脱炭素につながる燃料として活用機運が広がる水素だが生成過程での温暖化ガス排出が課題だった。新たな開発手法を使ったビジネスは水素普及を促し ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住商、オマーン油田で水素製造検討 現地石油会社と
原油や天然ガスの生産の際に出てくる随伴ガスは大気中に放出するのが一般的だが、実証実験ではメタンと水の化学反応から水素を取り出す水蒸気改質 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
MHIETが純水素を燃料とした水素エンジンの燃焼試験を実施 〜産総研と共同で脱炭素・水素化社会 ...
水素は、可燃範囲が広く燃焼速度が大きいという特徴があり、バックファイアやノッキング(注1)などの異常燃焼が発生しやすいという課題があります ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱重工、独で水素製造を検討 再生エネ活用
三菱重工業は22日、電力大手バッテンファル(スウェーデン)や英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、ハンブルク熱供給公社(ドイツ)と組み、水素の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素100%で発電するエンジン、三菱重工らが安定燃焼の手法を確立
今回の成果を生かし、1MW級水素エンジンの実用化を目指す方針だ。 ≫ 2021年01月22日 07時00分 公開. [スマートジャパン] ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱重工など4社、独で水素事業検討 シェルなどと共同調査
三菱重工業は22日、ドイツのハンブルク港近郊で、再生可能エネルギーに由来する電気で水を電気分解して水素を製造するプロジェクトの事業性 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Vicor、Doosanモビリティ・イノベーションと協業。商用水素燃料電池ドローン実現へ
DMIは、韓国の大手商社のドローンに特化した子会社だ。高エネルギー密度の水素燃料電池をドローンに搭載し、遠隔地で人道支援を行っている。2時間 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
現代自の水素燃料電池発電システムが韓国独自技術の基盤で本格稼
ネクソ水素電気車車両用燃料電池モジュールを発電用に活用したのが特徴だ。 蔚山(ウルサン)石油化学団地で生産された副生水素水素配管網 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オマーン油田での水素製造検討
住友商事は22日、オマーンの油ガス田での水素製造に向けた事業化調査を始めたと発表した。原油や天然ガスの生産時に発生する随伴ガスを使い、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
岩谷産---大幅反発、水素事業拡大に期待で国内証券では新規に買い推奨
同社は水素製造・販売において国内で業界1 位であり、今後の水素事業の収益拡大が期待できるとしている。今後も、M&A の活用によるシェア拡大に
posted by Mark at 23:17| Comment(0) | 水素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード