最近の記事

2021年01月17日

アサヒHD、3工場の自家発電設備で35万kWhを追加発電 電力不足に協力 環境ビジネスオンライン

アサヒHD、3工場の自家発電設備で35万kWhを追加発電 電力不足に協力
アサヒビール茨城工場、アサヒ飲料群馬工場、アサヒグループ食品栃木さくら工場に設置するコ・ジェネレーションシステムの操業を上げ、発電した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三井住友建設、風力発電機の大型化に対応 蘭企業と200m級タワー共同開発
発電機の大型化で高まる再生可能エネルギーの需要に対応することが目的。 今回共同開発する工法は、タワーの部材を架設機械で吊り上げながら、まだ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
伊藤忠、発電燃料用の石炭事業から撤退方針 3つの権益売却へ
既に石炭火力発電事業の新規開発や一般炭炭鉱事業の獲得を行わない方針を示していたが、完全撤退に踏み込んだ。 利益や配当額など中計の詳細は、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アンザン省:サオマイ太陽光発電所第2期が竣工
発電所の第2期は出力106MW、2020年9月に着工し、80日の工期を経て完成。なお、第1期は出力104MWで、2019年6月末に稼動を開始した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電子会社、発電機車で供給力確保
供給可能量に対する電気の需要量の割合を示す電力使用率は午前0〜1時に95%を記録したが、気温が上昇し晴れて太陽光発電が稼働したこともあり日中 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京建物、全物流施設で太陽光発電 まず13物件
東京建物は13日、開発を手掛ける全ての物流施設に太陽光発電備を設置すると発表した。施設の電力を賄うほか、余った電力は東京ガスと協力して ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電、余剰で大幅な利用制限も
太陽光発電、余剰で大幅な利用制限も. 国営ベトナム電力グループ(EVN)は12日の2020年総括会議で、同年末の各電源の総出力が前年末から1,400 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アドバンスコン、太陽光発電事業2件を締結
マレーシアの土木工事業者、アドバンスコン・ホールディングスはこのほど、子会社を通じて、政府が進める太陽光発電設備に対する「ネット・ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
燃料を重油に代えて緊急稼働開始 長崎県の石炭・火力発電
松島発電所は石炭を燃料にしていますが、2号機は石炭を砕く装置の故障で今月7日から停止していました。しかし、寒波などによる電力の需給ひっ迫 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再生エネACE、発電公団と電力供給契約
... クロンクルン小規模発電事業者(SPP)ハイブリッド発電所の電力をタイ発電公団(EGAT)に供給すると発表した。間接的に全額出資す…
posted by Mark at 23:21| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード