最近の記事

2021年01月13日

豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW 環境ビジネスオンライン

豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW
ベトナムは豊富な水力資源を有し、同国の電力需要の約4割を水力発電でまかなっているという。今回出資参画したNEDI2は、ベトナム国営電力公社と25 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
銚子沖の洋上風力発電 年内にも
政府が脱炭素社会の実現に向けて、導入を計画している洋上風力について、関東地方では千葉県の「銚子市沖」で事業を行う業者がことし中にも ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオガス発電事業の採算性評価と改善のポイントとは? オンラインで学ぶ
このセミナーでは、バイオガス発電を事業にしていくための事業採算性評価の考え方や、よくある失敗要因と改善ポイントをケーススタディを交えて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
クリーンエナジー合同会社による「(仮称)クリーンエナジー会津若松風力発電事業 環境影響評価 ...
市内湊町および東山町において風力発電事業を計画しているクリーンエナジー合同会社より、環境影響評価法第7条の規定に基づき、「(仮称) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【特許取得】蓄電池を活用した家消費型太陽光発電の最適化制御
【特許取得】蓄電池を活用した家消費型太陽光発電の最適化制御. 〜SmartSCが脱炭素化をアシストします〜. 株式会社YAMABISHI. 2021年1月12日 08時 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
サンテックパワー子会社、山口で486kWの太陽光発電 耕作放棄地を活用
この発電所で、サンテックエナジーディベロップメントが開発した太陽光発電所は15カ所目。累計出力規模は約33,000kWになった。O&M(保守管理 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ホアビン省:ホアビン水力発電所拡張案件が着工、投資額420億円
ベトナム電力グループ(EVN)は西北部地方ホアビン省で10日、ホアビン水力発電所拡張案件の着工式を開催した。着工式にはグエン・スアン・フック ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JERA・常陸那珂共同火力1号機が運開/発電効率約45%実現
JERAが国内火力発電所の第1号新設案件として手掛けた高効率石炭火力で、2017年1月から本格的に建設していた。 高効率の超々臨界圧( ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Jパワー、停止中の石炭火力を緊急稼働 電力逼迫で
発電事業者のJパワーが電力需給の逼迫に対応するため、停止中の石炭火力発電の燃料に重油を使い、14日にも稼働させることが分かった。停止中の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電/脱炭素化の潮流に対応/三井住友建設、Mammoet社と共同開発
三井住友建設は、オランダのMammoet社と共同で近年、発電出力の大型化が求められている風力発電をターゲットに200m級タワーと、その .
posted by Mark at 01:07| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード