最近の記事

2020年11月27日

日蘭エネルギーセミナー 「ATES(帯水層蓄熱システム) 建築物の空調システムのためのグリーンテクノロジー  〜日本とオランダにおける帯水層蓄熱システムの利用と将来展望〜」

在大阪オランダ王国総領事館は、日蘭エネルギーセミナー「ATES(帯水層
蓄熱システム):建築物の空調システムのためのグリーンテクノロジー 
〜日本とオランダにおける帯水層蓄熱システムの利用と将来展望〜」を開催
いたします。
 地球温暖化対策として近年注目を集めている再生可能エネルギー、なかで
も、建築物の空調システム運用時におけるCO2排出量の大幅削減に貢献する
帯水層蓄熱システムには高いポテンシャルが期待されており、オランダ国内
ではすでに3,000以上の帯水層蓄熱システムが実際に稼働しています。
 本セミナーでは日本とオランダでの帯水層蓄熱システムの利用や将来展望
について、日本とオランダ両国の政策及び技術分野の専門家がお伝えします。
 皆様のご参加をお待ちしております。

▽日時
 2020年12月10日(木)16:00〜17:30(日本時間)

▽場所
 オンライン開催(ZOOM利用)
 ※お持ちのパソコンからご参加頂けます。
 ※ウェビナー専用リンクはご登録完了メール内でご案内します。

▽参加費
 無料(事前登録制)

▽言語
 英語/日本語(同時通訳付)

▽内容
 講演1「オランダの脱炭素化に大きく貢献する帯水層蓄熱システム
   デルフト工科大学助教授、KWR水循環研究所主任研究員 
                  マルティン・ブルーメンダル 氏
 講演2「帯水層蓄熱システムの普及促進に向けた取組み」
   大阪市環境局 環境施策部 エネルギー政策担当課長 永長 大典 氏 
 講演3「都市域で使える大容量再生可能熱エネルギーシステム、帯水層蓄熱
         へのチャレンジ……見えてきた都市域における地下水の熱源利用」
   大阪市立大学 複合先端研究機構 特別研究員 博士(工学) 中曽 康壽 氏 
 講演4「オランダにおける帯水層蓄熱システムの成功が日本にもたらす
         新たな機会」 
   IF Technology社  国際部長 バス・ゴットスハルク 氏 

▽対象者
  都市開発・不動産・建設などの関係企業、行政機関、研究機関等
 ・環境問題を考慮した都市開発・建設に携わっておられる方・ご関心がある方
 ・効率的な建築物の空調システムにご関心がある方
 ・環境・エネルギー分野におけるオランダとの交流・連携をお考えの方
  SDGsや地球温暖化対策に取り組む地方自治体・機関、その他

▽参加申込
  以下のURLよりご登録ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_MT_MlYHnTDeqrzGeizCryQ
 ご記入頂いた情報は、主催・後援機関・講演者に会社名及び氏名をお伝え
 する他、各種連絡・情報提供のために利用いたします。

▽主催
 在大阪オランダ王国総領事館

▽後援
 環境省・大阪市・大阪市立大学(予定)

▽お問合わせ
 在大阪オランダ王国総領事館
posted by Mark at 00:22| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード