最近の記事

2020年10月23日

2022年に水素発電義務化制度を導入 ジェトロ(日本貿易振興機構)

2022年に水素発電義務化制度を導入
同制度は、太陽光、風力などを含む既存の「新再生エネルギー供給義務化制度(RPS:Renewable Energy Portfolio Standard)」から水素発電を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長野県最大の木質バイオマス発電所が稼働、年間3.2万世帯分を発電
発電した電力は、再生可能姉ルギーの固定価格買取制度(FIT)に基づき中部電力ミライズに売電する。 ソヤノウッドパワーは2014年3月に設立。出資 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
いちご---50箇所目の太陽光発電所(累計パネル出力数 約150MW)が発電を開始
愛知県瀬戸市定光寺町に所在する本発電所は遊休地に建設され、パネル出力が約1.45MW、年間予測発電量は約1,785,000kWhで、一般家庭約496世帯分 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2023年発電目指す 請戸漁港の波力発電事業
広野町の建設業エイブルなどが浪江町の請戸漁港で計画している波発電事業は、二〇二三(令和五)年の発電、二〇二五年の売電を目指す。二十一 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
告発社長を聴取 「太陽光発電不正疑惑」日本テレビHDがようやく調査開始
その新規事業の一つである太陽光発電に関して、「週刊文春」は9月17日発売号と9月24日発売号の二度にわたり、 日テレグループが運営する発電所 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電事業めぐり1.1億円詐取か 元社長を逮捕
詐欺の疑いで逮捕されたのは、大阪市の太陽光発電システム販売会社「エコロジック」の元社長・常山真史容疑者(42)です。常山容疑者は3年前、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国内初 有機薄膜発電パネル実証実験を開始
株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村創一郎)は、立命館大学との共同研究として、国内初の有機薄膜発電パネルを屋外 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地熱発電市場2020-2025メーカー、主要地域、種類、アプリケーションによるセグメンテーション
グローバル地熱発電市場調査レポート2020-2025レポートは、実現技術、主要な傾向、市場ドライバー、課題、標準化、規制状況、展開モデル、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
辰野町の横川蛇石発電所 維持管理協定
協定は3者の協働で発電所周辺の環境を保つ目的。源上地区の小澤清光総代(66)によると、源上には現在計6戸13人が在住。協定に基く管理 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
いわき市、燃料・発電施設整備へ 福島県初、下水汚泥を利活用
いわき市は、下水汚泥を利活用し固形燃料製造やバイオガス発電担う施設を整備する。21日、事業の優先交渉権者に選んだ月島機械グループ(
posted by Mark at 10:51| Comment(0) | 水素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード