最近の記事

2020年10月07日

微生物使い水田発電 佐賀大など「泥の電池」実用化へ 西日本新聞

微生物使い水田発電 佐賀大など「泥の電池」実用化へ
微生物燃料電池は、微生物が有機物を分解する過程で生じる電子を利用して発電する。微生物の働きにより、有機物を減らして浄化を促進する効果も ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
韓国電力 ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所建設事業の推進へ
ベトナムの産業貿易省が発注したこのプロジェクトは、ベトナム中部のハティン省に1200メガワット(600メガワット2基)規模の石炭火力発電所を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
福島のメガソーラー 発電能力、全国首位に
福島県内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)の発電能力が6月末で79万2800キロワットとなり、茨城県を抜き四半期末で初めて首位になった。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
茨城で29.4MWの太陽光発電事業を開始 テス・エンジニアリング子会社
発電所は、連結子会社の茨城牛久ソーラーパワーを営業者とする匿名組合で、2019年1月から建設を進めてきた。 同発電所の年間発電量は約3268 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
EGCO、韓国の燃料電池発電所が商業稼働
タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は5日、韓国の合弁会社が運営する同国の燃料電池発電所が、今月1日に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再生エネ発電が4分の1に、石炭は過去最低
一方、石炭による発電は9月に過去最低水準となったことが分かった。また、新型コロナウイルスの感染流行の影響による需要減とガス価格の下落 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ハイフォンでLNG火力発電所建設へ、ビングループとエクソンモービル
計画によると、VICのLNG火力発電所は総出力1600MWで、同市カットハイ郡カイチャップ島に建設される予定。第1期は出力800MWで、2025年に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
NEDOら、欧州・風力発電所でハイブリッド蓄電池システムの実証運転を開始
ハイブリッドBESSの複数の機能を検証. 風力発電は風速の変動に伴い発電量が変動するため、風力発電が大量に連系した電力系統では短期的 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電ガラスの市場規模、状況、正確な見通し2020-2025
世界の太陽光発電ガラス市場調査レポート2020-2025は、ビジネス戦略家にとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
分散型発電市場の最近の成長、分析、進歩の見通し2020年から2025年
グローバル分散型発電市場2020-2025は、サイズ、シェア、および予測の計算と予測とともに、グローバル分散型発電市場に影響を与える主要な推進 ...
posted by Mark at 11:16| Comment(0) | 燃料電池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード