最近の記事

2020年10月05日

浪江に波力発電所検討 エイブルや東大生研、請戸漁港で調査へ 福島民友

浪江に波力発電所検討 エイブルや東大生研、請戸漁港で調査へ
波を受けた板が振り子のように動いて発電する仕組みで、国内では岩手県久慈市などで実証試験が行われている。浪江町は原発事故の被害を受け「 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中東およびアフリカ分散型太陽光発電市場の成長、分析および進歩の見通し2020年から2025年
サイズ、シェア、成長率の分析の計算と予測。分析機能と知識の統合を関連する調査結果と組み合わせることで、レポートは分散型太陽光発電市場の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水田の上には太陽光発電 米作り3年目で初収穫、お酒に
小田原市桑原の水田の上に太陽光発電パネルを設置したソーラーシェアリング(営農型太陽光発電所)で3日、米の刈り取りが行われた。3年目にし ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大分市葬斎場を改修へ 完成から33年、大規模災害に備え小型発電機導入
本年度は大規模災害時などの停電に備え、非常用発電設備の改修に取り掛かる。来年度以降、空調設備の改修などに取り組む。高齢化に伴い火葬業務 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
エプソン「TRUME」、自動巻き式の発電機構を備えた新ムーブメントモデル
新しいクオーツムーブメントの「SWING GENERATOR」は、腕の振りによって昼夜を問わず発電し、クオーツ回路とモーターを駆動。時計の裏ぶた ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「石炭ターミナル」利用開始! 小名浜港に火発の燃料供給拠点
いわき市の常磐共同火力勿来発電所の隣接地で石炭ガス化複合発電(IGCC)が今月から、広野町の広野火力発電所構内のIGCCが来年9月から ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ポンプで空気送り根が成長 太陽光発電で台風に強い稲 オーストリアの環境賞受賞 横浜 ...
同協議会の太陽光発電を使って丈夫な稲を作るプロジェクトが、水田農業が普及しているアジア諸国の食料安全保障を改善するのに役立つ優れた研究 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自足自給の自然エネルギーのみで動く!東京湾に滞在中の船はシンボルに
船はパネルで発電した電気でモーターを駆動させて航行する。夜間は蓄電池に充電した電気を利用。充電が減ると、海水から製造した水素を燃料電池に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
政府は再生エネ普及に尽力を=高校教員・中郡久夫・59
発電コストも、原発よりも太陽光や風力がはるかに安いという。 一方、日本では、原発の再稼働や核燃料再処理に関する話題は多いが、再生エネが ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【特集】「エネルギー王国新潟」(下)新潟東港周辺のエネルギー会社
共同運営している株式会社キタック(新潟市中央区)取締役の関谷一善環境技術センター長は、「ソーラー発電は広さで発電量が決まってしまうので
posted by Mark at 11:13| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード