最近の記事

2020年08月04日

バイオ発電施設稼働、生ごみなど1日最大80トン処理 十和田 河北新報

  
バイオ発電施設稼働、生ごみなど1日最大80トン処理 十和田
生ごみや汚泥などの廃棄物を発酵させたメタンガスで発電する青森県十和田市の「バイオガスエネルギーとわだ」が発電を開始した。食品廃棄物を活用したバイオ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
タイ石炭大手バンプー、ベトナムの風力発電所買収
【バンコク=岸本まりみ】タイの石炭生産大手バンプーは3日、ベトナムの風力発電所を買収すると発表した。買収額はおよそ6600万ドル(約69億3千万 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トクヤマ、石炭火力の自家発電を一部廃止
同設備は1963年に稼働を開始し、2014年から老朽化などを理由に停止していた。経済産業省は低効率な石炭火力発電所の休廃止を進める方針だ。この ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヴィーナ・エナジー、小野太陽光発電所(35メガワット)の商業運転を開始
アジア太平洋地域で最大級の独立系再生可能エネルギー事業者(IPP)であるヴィーナ・エナジーは、本日、総発電容量35メガワットを有する小野太陽 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ロペス系発電、ガス・地熱発電に投資
フィリピンのロペス財閥系発電大手ファースト・ジェンは7月29日に開いた株主総会で、ガスと地熱発電に関する2021年の投資計画を明らかにした。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱重工、北海道の洋上風力発電PJ開発でデンマーク再エネファンドと協業
今回、成長戦略の一環として、洋上風力発電事業のバリューチェーン全体に目を向け、CIP社との国内における洋上風力事業への参入合意に至った。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ソネディックス、島根県の5.5MWの太陽光発電プロジェクト向けプロジェクトファイナンスの借入 ...
発電所は野立て式で2018年から稼働しています。 ソネディックス・グループのCEOであるアクセル・ティーマンは次の通り述べています。 「我々は ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ポータブルインバーター発電機マーケット2020 |仕様、成長ドライバー、業界分析予測– 2026
“グローバルポータブルインバーター発電機マーケットは、競争環境、地理的成長、セグメンテーション、および市場のダイナミクス(ドライバー、制約 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
空冷ターボ発電機マーケット2020 |トッププレーヤーによる戦略的評価 – Toshiba, Brush, Siemens ...
空冷ターボ発電機マーケットグローバルは、グローバルマーケットのさまざまな側面の詳細な調査を文書化しています。変動や市場動向の変化にも ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素冷却発電機市場:2026年までに、次のような要求の厳しい主要プレーヤーとともに巨大な利益 ...
“グローバル水素冷却発電機マーケットは、競争環境、地理的成長、セグメンテーション、および市場のダイナミクス(ドライバー、制約、および機会を ...
posted by Mark at 01:31| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード