最近の記事

2020年07月17日

信州産の未利用材をフル活用、発電事業と林業振興を両立するバイオマス発電所が稼働 ITmedia

信州産の未利用材をフル活用、発電事業と林業振興を両立するバイオマス発電所が稼働
清水建設とトヨタ ユー・グループの合弁会社である信州ウッドパワーが長野県東御市で建設を進めていた木質バイオマス発電所が、2020年7月15日から稼働を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
宮城・加美でJRE風力発電起工 23年稼働、出力4万キロワット
再生可能エネルギー開発の「ジャパン・リニューアブル・エナジー」(JRE・東京)は15日、宮城県加美町芋沢で建設を進める風力発電所の起工式を開いた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
JFE商事、風力発電等「再エネ分野」の鋼材ビジネス拡大へ チーム発足
同社では近年、風力発電案件への鋼材販売や、造管・造船等の大型構造ファブリケーター(鉄骨加工業者)の風力分野への進出可能性を調査してきた。情報の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界の地熱発電装置の市場規模、需要、予測2028
地熱発電設備市場、プラント別(乾式蒸気プラント、フラッシュ蒸気プラント、バイナリサイクル発電所)、製品別(変圧器、タービン、セパレーター、発電機、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世銀が345万ドル支援、太陽光発電整備で
世界銀行は8日、ミャンマーの未電化地域で太陽光発電を推進する計画に345万米ドル(約3億7,000万円)を融資すると発表した。未電化地域に暮らす45万人 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電工、既存の「砂防ダム」を活用した水力発電所を開設、運転開始
年間約6,500MWhの電力を発電。これは一般家庭約1,200世帯分の年間消費電力量に相当するという。また、長期(固定価格買取制度期間は20年 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本の洋上風力発電固有のリスクを評価
損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントは、洋上風力事業者向けに建設作業から事業運営までのリスク評価と、リスクを包括的に補償する保険をセット ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
西松建設と長崎大、水力発電所トンネル点検用の“飛行船ロボ”を開発
実証実験では、水力発電所の水路トンネル壁面を自律飛行で点検することに成功した。 ≫ 2020年07月16日 06時00分 公開. [BUILT] ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
脊振山系で風力発電計画 唐津と糸島の市境、最大で3.2
発電機8〜10基を設置し、最大3万2千キロワットの出力を見込む。2026年の運転開始を目指している。 15日に県環境影響評価審査会(会長・穴井謙福岡大 ..
posted by Mark at 01:33| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード