最近の記事

2020年07月14日

古い石炭火力発電 大幅削減へ 具体策の検討始まる NHK NEWS WEB

古い石炭火力発電 大幅削減へ 具体策の検討始まる
経済産業省の有識者委員会は効率的に発電するよう電力会社に求める基準を、これまでより厳しくすることなどを軸に検討を進める方針を確認しました。 続きを読む.
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大王製紙、愛媛で約63MWのバイオマス発電施設を稼働 パルプ廃液を活用
蒸気タービンの発電量は62,920kW。 同工場はこれまで、黒液をボイラーで燃焼させ、エネルギーとして活用するバイオマス発電を行ってきた。今回新たに黒 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
安倍川水力発電所、着工 中部電力、24年の運転開始目指す
発電所は葵区入島に幅65メートル、地下4メートル、地表4メートルのえん堤を建設し、最大毎秒7トンを取水する。約4・8キロの導水路トンネルで同区有東木の発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アジア太平洋で最大容量の洋上風力発電機が発電開始
人民日報が伝えた。 同発電機は福建省や広東省などの海域のT類風ゾーン向けに設計されている。環境の適応性、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界の再生エネ発電、増加率鈍る エネ研20〜21年予測
日本エネルギー経済研究所は、新型コロナウイルスによる経済停滞の影響で、世界の再生可能エネルギーの発電容量の増加が鈍る見通しを示した。2019年まで ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
福島県、メガソーラー大幅増 発電能力 全国2位に
福島県内で大規模太陽光発電所(メガソーラー)が大幅に増えている。3月末の発電能力は昨春に比べ約3割増え、北海道を抜いて全国2位になった。原発事故 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
東北大牧場地で風力発電 大崎・栗原 札幌の会社など計画
出力は最大7万キロワットで、特別目的会社をつくり、2023年春にも着工、25年末の稼働を目指す。 事業名は六角牧場風力発電事業(仮称)。東北大が所有地の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
NEDO、「超臨界地熱発電」実現に向け3件の研究開発を採択
超臨界地熱発電の実現に向け、調査井掘削のための詳細事前検討. 日本国内には、合計100以上の活火山が確認されており、こうした火山地帯の深部3kmから ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
夢の「超臨界地熱発電」を実現へ、NEDOが新たに3つの研究開発を採択
超臨界地熱資源の分布・性状・規模などを把握できるようにし、調査井掘削の成功確度向上を目指す。 超臨界地熱発電のイメージ 出典:NEDO. 日本国内には、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電「国内法人」に限定 長崎・五島市沖の事業者公募で
政府が洋上風力発電の整備促進区域に指定した長崎県五島市沖での事業について、公募の参加資格を「国内法人」に限定していることが13日、分かった。
posted by Mark at 21:25| Comment(0) | 石炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード