最近の記事

2020年05月12日

県内初、荒川源流水で発電へ 秩父で市民ら起工式 東京新聞

県内初、荒川源流水で発電へ 秩父で市民ら起工式
荒川源流の水を利用した県内初の小水力発電所の起工式が九日、秩父市荒川日野の寺沢川沿いであった。発電開始は十一月末の予定で、一般家庭数十世帯 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
石炭発電、寿命まで稼働後閉鎖…温室効果ガス削減目標には不十分
15年後の2034年までには、国内の石炭発電の半分に当たる30基が廃止される。これによる電力不足分は液化天然ガス(LNG)発電に代替される。しかし、石炭 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
まるで凧みたい?ケーブルでつながれたドローンが風車の役割をする発電方法
これから風力発電は、大空を舞うドローンが担うかも? 凧揚げのようにケーブルで繋がれたドローンが上空の強風を受けくるくると飛行し、その力で地上のタービン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水のエンジンで惑星を巡り、太陽光発電所の設置…もう夢物語じゃない宇宙ビジネス
SPSは、人工衛星に取り付けられた太陽電池で発電した電力をマイクロ波で地上に伝送し、地球上の受電装置で受信し電気エネルギーとして取り出す仕組みだ
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
巨大変圧器、稚内に入港 風力発電用 重さ90トン、豊富町へ
【稚内】国内風力発電最大手のユーラスエナジーホールディングス系の北海道北部風力送電が、豊富町内で進める送電網整備で使う変圧器3台がタイから届いた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電拡大、野鳥への影響懸念 愛好者「場所選定厳密に」
秋田県内で拡大する風力発電に複雑な思いを抱く人たちがいる。林立する風車が野鳥の生息環境を脅かすと懸念する野鳥観察の愛好者たちだ。再生可能 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
韓国の月城原発、故障28時間後に再稼働…「放射性物質の漏出ない」
タービン発電機は原子炉で作られた蒸気がタービンを通過しながら電気を生産する設備。月城原発の関係者は「今回の故障による放射性物質の外部漏出はない」と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ラビット大福の週末ブログ
発電設備からは1000kwh毎に、表示パネルに打ち上げ花火の画像が現れてそれを知らせてくれる。 画像は、ちょうど43000kwh達成時点の発電状況。 緑色と黄色 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
マスク寄付 伊賀市内の企業
4月にもマスクの寄付があり、市は青山高原で風力発電事業などを手掛ける中部電力子会社のシーテック(名古屋市)と同社と伊賀市、津市が出資する第三 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
謎の米空軍スペースプレーン「X-37B」6度目のミッションに向け打ち上げへ
宇宙太陽発電では軌道上に配置した発電衛星が太陽光から得た電気をマイクロ波に変換して地上に送信し、受信したマイクロ波を電気に変換することで電力を .
posted by Mark at 00:44| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード