最近の記事

2020年02月27日

仮想発電所とは 日本経済新聞

仮想発電所とは
仮想発電所 点在する再生可能エネルギー発電や蓄電池、電気自動車(EV)などをネットワークで一括制御し、1つの発電所のように機能させる仕組み。「VPP( ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
次世代の原子力発電所は、もっと小型で安全になる
原子力発電の未来は20年も前からずっと、オレゴン州立大学キャンパスにある天井が高い実験室に、ひっそりとたたずんでいた。原子力発電の歴史には対立が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の収益の一部を酒田市に寄附 生活クラブ設立の発電会社
生活クラブ生協連合会(生活クラブ)とその提携生産者が設立した発電会社、(株)庄内自然エネルギー発電は2月14日、発電事業の収益の一部を山形県酒田市 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱日立パワー、タイ火力発電所の保守サービス延長
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)はタイの独立系発電事業者BLCPパワーと同社が運営する火力発電所の保守サービスを延長する契約を結んだ。定期点検や ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「小水力発電は地域社会を元気にする」、富山国際大・上坂教授に聞く
固定価格買取制度(FIT)の対象となる再生可能エネルギーのなかで、小水力発電は、出力200kW未満の新設で売電単価が34円/kWhと比較的高い水準が維持 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電 理解深める/県 田辺で説明会
洋上風力発電について理解を深める和歌山県のフォーラムが24日、田辺市新庄町のビッグ・ユーであった。講演では洋上風力発電取り巻く国内の動向や先進 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北陸電力が水車改修で出力を増強、年間90世帯分の発電量アップ
北陸電力は2020年2月5日、福井県敦賀市の水力発電所「疋田(ひきた)発電所」の設備改修により発電所出力を50kW(キロワット)増加させ、電気事業法の規定 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ソクチャン省:第3風力発電所の第1期を着工、タイ企業
発電所は敷地面積10.22haで、出力は65MW。第1期では総出力29.4MWの風力タービン7基を建設し、2020年末に完成する予定。年間発電量は84.7GWhの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
石炭火力発電、支援要件見直しへ
小泉進次郎環境相は25日の衆院予算委員会分科会で、地球温暖化を加速させるとして批判が強い石炭火力発電所について、発展途上国での建設支援の要件 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ハートヒル川路太陽光発電再生可能エネルギー活用事業の認定式及び協定書調印式を行いました(第13号)
ハートヒル川路太陽光発電再生可能エネルギー活用事業」の認定証授与・協定書調印式を行いました. 飯田市は、「再生可能エネルギーの導入による持続可能な
posted by Mark at 20:58| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード