最近の記事

2020年02月16日

ニュース 開発進まぬ国内地熱 発電能力、10年で1%増 日本経済新聞


発電
毎日更新  2020年2月16日
ニュース 
開発進まぬ国内地熱 発電能力、10年で1%増
世界でも有数の潜在力がある日本の地熱発電の開発が進まない。一部で新設発電所が動き出したが、環境規制などが障害になり過去10年で発電能力は1%しか ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
山梨県主催「太陽光発電セミナー」開催
同セミナーでは、第1部として「FIT終了後の太陽光発電の活用方法について」と「発電量を最大限にするために大切なメンテナンスのポイント」という2つの講演が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
予備電源の発電機増やす 台風被害受け県 関連費3億4000万円計上
昨年の台風被害による大規模停電の長期化を受け、県は発電機の備蓄数を増やすなど非常用電源の強化を図る。県の二〇二〇年度予算案に関連費三億四千 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国内初の洋上風力発電所運営・保守専門会社
能代市に新たに設立されたのは、洋上風力発電所の運営・保守の専門会社秋田オフショアウインドサービスです。国内外で風力発電事業を手がける東京の日本 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
地球温暖化、イースター島の悲劇を繰り返すな 大学教授が鳴らす警鐘
台風リスクを抱える日本はとりわけ、温暖化の原因である化石燃料の消費を減らす努力をすべきでしょう。日本の銀行は世界の石炭火力発電所への融資の上位3 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
船も「脱石油」そろり始動 LNG燃料に商機
石炭火力発電には逆風が吹くが日本ではCO2の排出量が少ない高効率発電が進む。政府は30年の電源構成でも石炭の比率を約26%を維持する方針。九電の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
テロ対策「きちんとした施設を」…規制委員長が川内原発視察
原子力規制委員会の更田豊志委員長は15日、テロ対策施設の完成が期限に間に合わないため来月16日に1号機の運転を停止する九州電力川内原子力発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
震災と原発事故から来月で9年 子どもの支援考えるシンポ
東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きた当時、小中学生だった若者と、心のケアにあたってきた臨床心理士などが福島県でシンポジウム ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
敦賀原発の地層「資料原本出して」 規制委が異例の要求
日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が調査資料の記述を書き換えていたことを受けて、原子力規制委員会は14日、原電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
八幡市・男山ソーラー 住民団体質問に堀口市長“無回答”/5年前の対応に一切言及せず、住民団体「今日 ...
八幡市男山での太陽光発電施設建設に関わり、堀口文昭市長が2015年3月の段階で「(建設を)止める手立てはない」とした報告書を受け取っていた問題で、 ...
FacebookTwitter
posted by Mark at 21:19| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード