最近の記事

2020年02月14日

日本経済新聞 携帯電話基地局などから出る微弱な電波を使って電力を生み出す――。そんな技術の実現に道を開く高性能のダイオード(整流素子)を富士通と首都大学


発電
毎日更新  2020年2月14日
ニュース 
「エネルギーハーベスティング」 携帯電波で発電
携帯電話基地局などから出る微弱な電波を使って電力を生み出す――。そんな技術の実現に道を開く高性能のダイオード(整流素子)を富士通と首都大学東京が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
中国電と岡山県、水力発電活用の電力新プラン
岡山県と中国電力は13日、県企業局の水力発電所を活用する電力プランを創設すると発表した。主にスーパーや工場など高圧電力を使う中小事業者を対象に、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
山梨初・バイオマスガス発電所の起工式
山梨県南部町で木材チップを燃料にしたバイオマスガス化発電所の起工式が行われました。 木材から燃焼ガスを取り出し発電する仕組みで、このタイプは県内 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
大島小 手作り道具で発電実験 富士電機社員が指導
鴨川蓮さんは「地熱発電など色んなことが知れた。電気の仕組みも分かった」、原歩夢さんは「富士電機の人は優しく教えてくれた。理科のことが学べて有難かっ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
電力各社、脱炭素へ藻類 発電燃料や消波ブロックに
電力各社で「脱炭素」に向けて藻類を活用する動きが広がっている。東京電力ホールディングス(HD)は火力発電向けに藻類を活用したバイオ燃料の量産化を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
韓国型発電用ガスタービン開発…「日米独に挑戦」
韓国産業通商資源部は13日、ソウルの韓国技術センターで斗山(トゥサン)重工業、ソンイルタービンなど民間部品メーカー、発電5社、エネルギー技術評価院など ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
発電の仕組みに驚き 関電が大和高田・高田小で出前授業 /奈良
大和高田市立高田小(藤栄直樹校長、児童数503人)で10、12両日、関西電力が電気エネルギーについて出前授業を行った。6年生計約80人が参加し、発電機 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
延岡工業高校 生徒製作の発電機を市に寄贈 宮崎県延岡市
災害時に役立ててもらおうと、延岡工業高校の生徒が製作した非常用発電機などが ... 発電機を制作したのは、延岡工業高校 電気・電子科3年生の5人です。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
太陽光発電事業展開に役立つプレゼンテーションを 『第13回 国際太陽光発電展(PV EXPO 2020)』にて ...
太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社 資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2020年2月26日(水)〜2 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
洋上風力発電に調査費 道、新年度予算案に1000万円計上へ
道は、洋上風力発電の普及に向け、新年度予算案に調査費など1千万円を計上する方針を固めた。民間事業者による最大30年間の洋上風力発電事業が可能と ...
FacebookTwitter
posted by Mark at 23:07| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード