最近の記事

2020年02月14日

2つの石炭火力発電所開発プロジェクトが承認された カンボジア[経済] カンボジアビジネスパートナーズ


発電
毎日更新  2020年2月9日
ニュース 
2つの石炭火力発電所開発プロジェクトが承認された カンボジア[経済]
もう1つは、ハンセンコールマインズ社によってバンテイ・メンチェイ州で開発するもので、2022年に265メガワットの総発電量で運転予定。この石炭火力発電所と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
第一生命、秋田県で開発中の洋上風力発電事業へ投資
プロジェクトは秋田県秋田港および能代港の2カ所における洋上風発電所の建設および運営で、丸紅が主導する。日本国内の商業ベースの洋上風力発電所 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
パーム油発電「事業者に指導を」 舞鶴、福知山の住民グループら国会内で会見/FIT認定「制度的な大問題」
騒音・悪臭の被害や大量の温室効果ガス排出が問題視されているパーム油を用いた発電所の建設・計画地の近隣住民が1月30日、東京都の参院議員会館で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
積水化学 4生産工場に自家消費型太陽光発電設備を導入
積水化学工業はこのほど、住宅カンパニーが、環境負荷低減に向けた施策として、4つの住宅生産工場に自家消費型の太陽光発電設備を導入すると発表した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「地上の太陽」核融合発電ITER、日本主導で前進
太陽が燃えるのと同じ仕組みの核融合反応を地上で再現し、発電の利用を目指す国際熱核融合実験炉「ITER(イーター)」計画が今年、日本主導で大きく前進 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【日曜経済講座】CO2を資源に “環境後進国”の汚名をそそげ フジサンケイビジネスアイ編集長 高橋俊一
もともと日本の石炭火力発電の技術は世界的にも高い水準にある。燃焼効率が高く、少ない燃料で発電できるため、CO2の排出量が少なくて済む。石炭を燃焼 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
Energy Creation、低価格の太陽光パネル洗浄サービスを鹿児島・宮崎限定で開始
Energy Creation株式会社は、2020年2月5日、低価格の太陽光発電パネル洗浄サービス『エナクリ・ソーラー』の提供を、鹿児島県と宮崎県にて開始したと発表 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
資源総合システム、社員が「2019年度国際標準化貢献Certificate」を受賞
同賞は、日本電機工業会太陽光発電システム標準化総合委員会が運営している表彰制度。太陽光発電システムの国際標準化において、多大な貢献を果たした ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
今でも現役 東欧「炭鉱の蒸気機関車」を探訪する
ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)第2の都市Tuzla(トゥズラ)市では今でもSLを見ることができる。国内最大の火力発電所があり、周りには炭鉱が点在 ...
FacebookTwitter
posted by Mark at 22:59| Comment(0) | 石炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード