最近の記事

2020年02月03日

金沢市検討 ガス、発電事業民営化 譲渡推進37% 公営維持26% 中日新聞

金沢市検討 ガス、発電事業民営化 譲渡推進37% 公営維持26%
金沢市が検討している市営のガス、発電の両事業の株式会社への譲渡について、市が意見を公募したところ、事業譲渡推進が37%、公営維持が26%、賛否 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東日本大震災後、将来の発電は安心安全な…
東日本大震災後、将来の発電は安心安全な再生エネルギー主体へかじを切ったかに見えた日本。当初は国の保証も充実、国民も賛同し個人でも導入しやすい ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「パーム油発電、次世代に残せない」 規制求め住民団体が会見
パーム油を使った火力発電所の規制を求める各地の住民団体が1月30日、東京都千代田区の参院議員会館で記者会見を開いた。 環境保護団体FoEジャパン( ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電「メンテナンスと事業性評価セミナー」開催
2020年1月29日、九州経済産業局は「太陽光発電産業の将来展望メンテナンスと事業性評価セミナー」の開催を発表した。2020年2月13日(木)の15時から18 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
京セラ株、再生可能エネルギー「自己託送」の実証実験を開始
自己託送」は、企業などが自社工場などで発電した電力を、一般送配電事業者の送電線を利用して別の自社拠点へ供給する制度。実証実験は、同年4月より滋賀 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
誤解多い石炭悪玉論 高効率技術で国際貢献を
梶山経済産業相は記者会見で温暖化ガス排出源の一つとなっている石炭火力発電について「化石燃料の発電所は選択肢として残しておきたい」と表明した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
原発を「動かした裁判官」「停めた裁判官」そのキャリアの大きな違い
原子力発電所による発電がいかに効率的であり、発電に要するコスト面では経済上優位であるとしても、それによる損害が具現化したときには必ずしも優位である ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
原発検査「抜き打ち」に 安全性向上へ「緩み」防止
原子力発電所の新しい検査制度が4月に始まる。国際原子力機関(IAEA)からの改善勧告を受けて、原子力規制委員会は日時と検査項目を事前に伝えるやり方 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
温室育ち 私はイチゴ姫 白山の農園 特産ブランド目指す
ハウス内は、金沢市の発電システム業「北菱電興」が農業用水を利用した小水力発電で温度を管理。イチゴを寒さから守るだけでなく、琴の音色を流してストレスを ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
横根高原メガソーラー建設反対 2団体が新たな組織結成 鹿沼
【鹿沼】市と日光市にまたがる前日光県立自然公園内の横根高原に計画されている民間の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設中止を求める市内の「横根
posted by Mark at 09:53| Comment(0) | ガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード