最近の記事

2020年01月10日

富山・入善の洋上風力発電、清水建設に優先交渉権 日本経済新聞

富山・入善の洋上風力発電、清水建設に優先交渉権
再生可能エネルギー発電のウェンティ・ジャパン(秋田市)は7日、富山県入善町沖で計画している洋上風力発電事業の設計・調達・建設(EPC)契約の優先交渉権 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ドイツ 再生エネ、化石燃料逆転
ドイツで2019年に、風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電が総発電量の46・1%を占め、石炭やガスなどの化石燃料と逆転したことが明らかになり ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
低炭素石炭火力発電、商用設備でCO2 90%回収・送電端効率40%目指す
石炭ガス化燃料電池複合発電(Integrated Coal Gasification Fuel Cell Combined Cycle/IGFC)は、石炭をガス化して、燃料電池、ガスタービン、蒸気タービン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
『バイオガス発電』事業化のポイントとは?東京でセミナー開催
日本ビジネス出版(東京都港区)は2月19日、環境ビジネス事業開発セミナー「安定収益を確保する『バイオガス発電』の事業戦略の立て方」を、東京で開催する。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
これまでにない低価格の太陽光発電予測サービス、2020年6月ローンチに向けクラウドファンディング支援 ...
この度、私たちが最も得意とし実績もある太陽光発電予測を、これまでにない低価格でサービス提供するためのシステム開発資金を集めたく、クラウドファン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
いちご<2337>−2か所の太陽光発電所で発電を開始
いちごみなかみ新巻ECO発電所は群馬県の企業が所有する未利用地に建設。パネル出力は約12.02MW、年間予測発電量は約12百万kWhで、一般家庭の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長野県、太陽光発電・熱利用に適する建物示したマップ公開 9割以上が適合
長野県は、屋上での太陽光発電や太陽熱利用に適している県内全域の建物を示した「信州屋根ソーラーポテンシャルマップ」を公開している。県民は、自宅や事業 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「馬の寝床」でバイオマス発電
JRAは総工費約36億円で、栗東トレセン内に木くずや稲わらの燃焼、発電施設を完備し、昨年11月に稼働を始めた。1日58・5トンの処理が可能で、木くずや稲 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
TPCパワー、バイオ発電所5基が年内稼働
タイの建設会社タイ・ポリコンズ傘下でバイオマス発電などを手掛けるTPCパワー・ホールディング(TPCH)は、今年新たにバイオマス発電所5基が稼働し、傘下の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電所の屋上に、人工のスキー場が誕生。
2025年までにCO2排出量ゼロを掲げるコペンハーゲン。化石燃料からの脱却を目指し、廃棄物などのバイオマス資源を利用した発電所を2017年より稼働させて ...
posted by Mark at 23:29| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード