最近の記事

2020年01月07日

発電容量、別のダムに付け替え 洪水対策を強化なら 日本経済新聞

発電容量、別のダムに付け替え 洪水対策を強化なら
国土交通省は電力会社などが水力発電用として確保しているダムの容量を減らして洪水対策向けを増やした場合に、減らした分の発電容量を別のダムに ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
フランス政府が4千万ドル融資し水力発電所5か所を改修
フランス政府が総額4千万米ドルを融資し、ミャンマー国内の水力発電所5か所の改修を行うことがわかった。電力・エネルギー省のタン・ナイン総局長が発表した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
清水建設、千葉の農業法人らと営農型太陽光発電を展開 地域密着型モデル模索
清水建設(東京都中央区)は2019年12月25日、千葉エコ・エネルギー(千葉県千葉市)、つなぐファーム(千葉県千葉市)との三社共同の営農型太陽光発電所「 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再生エネ企エバージェン、仮想発電所を展開
オーストラリアの再生可能エネルギー関連ソフトウエア企業エバージェン(Evergen)が、太陽光パネル設置企業ソーラー・サービス・グループと提携し、「バーチャル ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JERA参画の台湾洋上風力が商業運転開始
東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は6日、事業参画する台湾の洋上風力発電ロジェクトが、昨年12月27日 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
超々臨界圧のジマ発電所、2号機が運転開始
マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は2019年12月30日、ヌグリスンビラン州ポートディクソンに建設した超々臨界圧(USC)石炭火力発電所の2 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
タイ企業、石炭からガス火力発電に変更申請
タイの石炭開発会社バンプーがこのほど、ベトナム中部トゥアティエンフエ省で計画する石炭火力発電案件について、ガス火力発電への変更を地元当局に申請 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北海道電力、MKIの「ESP事業向け遠隔監視システム」を導入
三井情報(MKI)は12月26日、北海道電力に「ESP事業向け遠隔監視システム」を導入したと発表した。同システムは発電機等の設備やセンサーから収集した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電ポンプ 市場 2020の収益、新興の主要企業、需給、投資の実現可能性と予測
太陽光発電ポンプ市場レポートは、業界の詳細な分析を提供し、今後4年間の市場規模の予測を提供します。 太陽光発電ポンプ市場は、太陽光発電ポンプの需要 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地域活用要件の施行 低圧太陽光は20年4月、その他再エネは22年度から
施行時期に関しては、50kW未満の小規模事業用太陽光発電は 2020年4月以降の新規認定案件から地域活用要件が求められる(2019年度の認定申請期限日 .
posted by Mark at 18:38| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード