最近の記事

2019年12月28日

太陽光発電設備のリスク調査を無料で受けられる、PV-Netが発電所を募集 ITmedia

太陽光発電設備のリスク調査を無料で受けられる、PV-Netが発電所を募集
NPO法人の太陽光発電ネットワーク(PV-Net)は2019年12月から、太陽光発電のリスク実態把握を目的とした現地調査の対象となる発電設備の受け付けを開始 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
秋田の洋上発電、専門家が騒音配慮を指摘 関係者協議会
国の大規模洋上風力発電の事業促進区域指定をめざす秋田県能代市・三種町・男鹿市沖と由利本荘市沖の2回目の協議会が26日、それぞれ秋田市内で開 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中国が「使わない石炭火力発電所」の新設を続けている理由
国連の推計によれば、石炭火力による発電量は今後10年で3分の1にまで削減 ... ところがクリーンエネルギー開発は、石炭火力発電所の建設にとって代わるの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
火発公社、22年までに太陽光発電10GW開発
インド火力発電公社(NTPC)は、2021/22年度(21年4月〜22年3月)までに約10ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)相当の太陽光発電の開発を目指して ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北海道電力、顧客先に設置した発電設備のデータをクラウドで可視化できるシステムを稼働
今回導入した遠隔監視システムは、ESP事業で使う発電設備を効率的に遠隔監視・分析できるようにするシステムである(図1)。設備やセンサーからデータを収集 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
経産省、地熱発電の資源量調査事業に24件を採択 国立公園内などで実施
経済産業省は12月25日、「地熱発電の資源量調査事業」(募集期間:2019年2月18日〜年1月15日)について、2019年度は合計24件(うち、新規7件、継続17 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
伊達火力発電所、蒸気漏れが復旧 北電 /北海道
北海道電力は25日、ボイラー内部の蒸気漏れで運転を停止していた火力の伊達発電所2号機(伊達市、出力35万キロワット)が復旧したと発表した。配管の損傷 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本計画研究所、発電事業プロジェクトファイナンスのセミナーを2020年2月開催
株式会社日本計画研究所は、2020年2月13日、セミナー『事業プロジェクトファイナンスの「融資契約」に関する基礎から応用の勘所3時間セミナー』を東京・南麻布にて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝、北陸に水素ステーションを導入
東芝のエネルギー子会社、東芝エネルギーシステムズと福井県敦賀市は26日、北陸3県で初めてとなる水素ステーションを導入したと発表した。太陽光発電など ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
体温発電+太陽光発電で使える、充電不要のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch Series 2」
そんなスマートウォッチの充電問題を解決したのが、2018年に発売された人間の体温で発電をするという画期的な技術を採用した「MATRIX PowerWatch」だ。
posted by Mark at 23:37| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード