最近の記事

2019年12月26日

新法施行後、「洋上風力発電」に向けた動きは今どうなっている? 経済産業省 (プレスリリース)

新法施行後、「洋上風力発電」に向けた動きは今どうなっている?
2030年のエネルギーミックスでは、1,000万kWの導入(電源構成比率1.7%)が見通されておりこれからの普及が期待される風力発電2019年4月に新しい法律 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
批判強い石炭火力発電 石炭運ぶ船の燃料はLNGに 九州電力
石炭火力発電に対して国内外から厳しい目が向けられる中、九州電力は、火力発電で使う石炭の輸入で、LNG=液化天然ガスで動く運搬船を初めて導入する ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
福島天然ガス、1号機が発電開始。来春営業運転へ
石油資源開発(JAPEX)や北海道電力など5社の共同出資会社が福島県新地町で進めるLNG(液化天然ガス)火力発電所建設事業で、1号機(59万キロワット) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電事業プロジェクトファイナンスの「融資契約」に関する基礎から応用の勘所3時間セミナー【JPIセミナー ...
発電事業においてプロジェクトファイナンスによる資金調達が広く認知されるようになっております。太陽光発電、風力発電バイオマスを含む火力発電等、多様な ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
名古屋大と九州大、一滴の水で5Vの発電に成功
これまで、グラフェンを用いて同様の発電現象が報告されているが、その出力電圧は数十〜数百ミリボルトが限界であった。このため、製造現場などに設置され ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地熱発電「開発野放し」 熊本・小国町議会 特別委を設置、地元から不安の声 熊本
熊本県小国町議会は23日、地熱発電の開発が行き過ぎた場合などに歯止めを求める請願を審議する特別委員会を設置し、第1回会合を開いた。地熱発電の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再エネ事業者が猛反発、「新料金制度」の是非
経済産業省はこの制度を見直し、火力発電や太陽光など再生可能エネルギーの発電事業者にも維持・運用費用の一部を負担させる「側基本料金」という新 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光パネルの下でニンニク栽培、千葉エコと清水建設がソーラーシェアリング事業を開始
千葉エコ・エネルギー、つなぐファーム、清水建設は2019年12月、共同で事業開発を進めてきた営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング発電所)である「千葉 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トランプが「現代のドン・キホーテ」と嘲笑される理由
それは文字通り、無害な「風車」を敵として突進するところがそっくりだから。石油会社の利益を損なう風力発電をつぶすため、トランプは風力所は鳥の墓場で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Jパワーと中国電、CO2回収の実証試験開始
Jパワーと中国電力が折半出資する発電技術開発会社、大崎クールジェン(広島県大崎上島町)は26日、中国電の大崎所(同)で二酸化炭素(CO2)の分離・ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
発電所放射性廃棄物処理建屋から放出している気体廃棄物の放出量の報告値誤りについて
このたび、泊発電所の放射性廃棄物処理建屋(以下「本建屋」という)から放出している気体廃棄物の放出量について、国・北海道・岩宇4町村※1および後志 
posted by Mark at 23:49| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード