最近の記事

2019年12月17日

住商がインドネシアで地熱発電、総事業に700億円 日本経済新聞

住商がインドネシアで地熱発電、総事業に700億円
住友商事は欧州エネルギー大手などと組み、インドネシアで発電量最大40万キロワット規模の地熱発電所を開発する。まず第1弾となる8万5千キロワットの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
初期費用は1500万円〜、太陽光発電投資に未来は
これまで2回にわたって、太陽光発電投資のメリットとデメリットについて解説してきました。 土地を利用する点については不動産投資と共通していますが、運用面 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
潟上・受信障害「年内に大半改善」 発電事業者、住民に説明
秋田県潟上市天王の広い範囲で風力発電所が原因とみられるテレビの受信障害が発生している問題で、発電事業者の「A―WIND ENERGY」(エーウインド ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電に協力/中泊・小泊漁協方針
青森県中泊町の小泊漁協は14日、同町の漁協事務所で臨時総会を開き、青森県沖日本海北側で計画されている洋上風力発電事業の推進に協力する方針を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自然電力がファンド設立、エネルギーの地産地消へ
自然電力は13日、国内外の自然エネルギー発電所の開発・運営事業への共創投資プラットフォームとして「自然ファンド」を立ち上げると発表した。三井住友 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地球温暖化防止へ 欠かせぬ原子力 パリ協定始動 問われる日本の貢献
日本は温室効果ガスの排出量を30年度に13年度比で26%削減する公約の達成が求められる。だが、排出量全体の約4割を占める電力部門は、発電時に温室 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
元助役、県も抱え込み「部長連中はわしの家に来てるぞ」
1997年に採択された京都議定書で温室効果ガスの排出削減目標が設定され、発電時に二酸化炭素を出さない原発に注目が集まった。2000年代には、国内 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京)小さいけど、未来を照らす明るさ人一倍
環境問題を学ぶ中で発電した電気で、参加は昨年の2校から今年は3校に増えた。1本の桜を中心とした小さな電飾だが、未来を照らす明るさはどこよりも ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
入善の洋上風力 建設業者が撤退
事業は継続 入善町沖で予定されていた洋上風力発電事業で、建設事業者の三井E&Sエンジニアリング(千葉市)が撤退した。町によると、同社と提携していた ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
冷蔵庫を開けると拍手…三菱 アウトランダーPHEV で電源支援 台風15号
アウトランダーPHEVには「1500W AC電源」と「V2H機器接続」の2種類の給電機能があり、災害時にインフラが停電した際には発電機・蓄電池として活用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン
木質バイオマスの供給者が、発電利用に供する木質バイオマスの証明に取り組むに当たって留意すべき事項等について、「発電利用に供する木質バイオマスの
posted by Mark at 18:40| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード