最近の記事

2019年12月17日

消費者庁が住宅用太陽光発電システムの火災事故について情報更新 保守点検呼びかけ エキサイトニュース

消費者庁が住宅用太陽光発電システムの火災事故について情報更新 保守点検呼びかけ
消費者安全調査委員会による「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書」の中で、“住宅用太陽光発電システム”とは、自家用電力として ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
秋田)テレビ障害で問い合わせ相次ぐ 発電用風車影響か
秋田県潟上市天王で、テレビ放送の受信障害による問い合わせが相次いでいる。原因の可能性があると考えられるのが、県内沿岸部で増え続けている風力発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電事連会長 “技術開発でCO2排出抑制” 石炭火力批判受け
地球温暖化対策について話し合う国連の会議、「COP25」で石炭火力発電が批判されていることについて、大手電力会社で作る電気事業連合会の勝野会長は13 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
サングロウ、太陽光発電用パワコン100GW出荷を達成
太陽光発電用パワーコンディショナー大手の中国・Sungrow Power Supply(サングロウ)は12月10日、パワコンの出荷で100GWのマイルストーンを達成したと ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日立造船と伊藤忠、陸上風力を新設 青森で23年稼働
日立造船と伊藤忠商事は陸上風力発電所を青森県六ケ所村に新設する。出力5万7千キロワットの発電設備を2023年にも稼働する。建設費は約200億円を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
入善の洋上風力 建設業者が撤退
入善町沖で予定されていた洋上風力発電事業で、建設事業者の三井E&Sエンジニアリング(千葉市)が撤退した。町によると、同社と提携していた発電事業者の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
30年まで「石炭火力発電活用」 電事連会長、安定供給のため
電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は13日の定例記者会見で、二酸化炭素(CO2)を多く排出し世界的に批判が高まる石炭火力発電に関し「(現行の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三井E&S、富山・入善の洋上風力から撤退 合理化の一環
三井E&Sホールディングス(HD)は富山県入善町沖で計画していた洋上風力発電事業から撤退する。再生可能エネルギー発電のウェンティ・ジャパン(秋田市) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
持続可能な社会実現へ 付属中生がSDGs学習
加太では和歌山自然エネルギー発電鰍フ木村浩造代表取締役と、東京大学生産技術研究所川添研究室加太分室地域ラボの青木佳子特任助教から話を聞いた 
posted by Mark at 18:39| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード