最近の記事

2019年12月13日

COP25 小泉環境相 石炭火力発電に具体的言及なし NHK NEWS WEB

COP25 小泉環境相 石炭火力発電に具体的言及なし
地球温暖化対策を話し合う国連の会議、「COP25」で小泉環境大臣が演説を行いました。批判が高まっている石炭火力発電の利用について「新たな政策をこの場 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
COP25で小泉氏「残念ながら」石炭火力発電削減示さず
石炭火力発電は天然ガスなどに比べ多くの二酸化炭素を排出するため、今年11月に発表された国連環境計画(UNEP)の報告書が日本に対して石炭火力発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱グループ3社、大規模太陽光発電設備などを三菱自動車岡崎製作所に導入
太陽光発電設備は2019年10月に着工、2020年5月に稼働予定で、初期設置容量は約3MW(年間発電量:3GWh)だが、順次、追加増強して発電量を増やして ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電投資を始める前の基礎知識
投資には様々な種類がありますが、数年前から一部の投資家の間で「太陽光発電投資」が注目を集めているようです。 ただ、ネットの情報などを見てみると、「 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小泉環境相「海外での火力発電所の建設支援 規制すべき」
「COP25」で小泉環境大臣は海外メディアなどを対象に記者会見を行い、海外での石炭火力発電所の建設支援は規制すべきだという考えを明らかにし、関係省庁 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
HAGL、水力発電事業から撤退へ
ベトナムの農業・不動産開発大手、ホアンアインザーライ(HAGL)グループはこのほど、水力発電事業から撤退する方向を決めた。グループ再編のためで、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
石炭火力の縮小で、石炭発電の粒子状物質45.8%↓
冬に増える粒子状物質(PM2.5など)を減らすため、12月から石炭発電の縮小に取り組んだ結果、石炭発電所が排出する粒子状物質が昨年に比べて半分近く減少 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
チリ政府、カーボンニュートラル実現へ向けた積極的な取り組み
閉鎖へ向けたスケジュールが早まったのは、エンジー(Engie)、エーイーエスヘネル(AES Gener)などが手掛ける計4カ所の石炭火力発電所(表参照)で、発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電のパネル税導入、先送り 美作市議会委で継続審査 条例成立へ「理解を」 /岡山
美作市は太陽光発電のパネル設置面積に応じて発電事業者に課税する「事業用発電パネル税」の創設を目指している。総務相の同意を得て自治体が独自に導入 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東洋エンジ=愛知県で木質バイオ発電所建設を受注
プラント大手の東洋エンジニアリングは11日、愛知蒲郡バイオマス発電(愛知県蒲郡市)が同市内で計画する木質バイオマス専焼発電設備(5万kW)の建設を受注
posted by Mark at 23:36| Comment(0) | 石炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード