最近の記事

2019年12月06日

余った太陽光発電の利用促す 経産省検討、21年度にも 日本経済新聞

余った太陽光発電の利用促す 経産省検討、21年度にも
経済産業省は太陽光発電の余剰を抑える新たな取り組みを始める。晴れが続いて太陽光発電が過剰になった場合に、自家発電施設を持つ事業者が発電を止め、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電など、富士市の石炭火力をバイオマス発電
中部電力は4日、三菱商事などと共同出資する鈴川エネルギーセンター(静岡県富士市)が富士市で運営する石炭火力発電所をバイオマス所に変えると発表 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の未来:太陽光発電の基礎知識6
前回は、太陽光発電のコストを解説しました。太陽光発電は最大のテーマだった最廉価発電を達成し、次の大きな飛躍に向けて研究開発が進められています。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱商事、鈴川エネルギーセンター発電事業のバイオマス専焼化について
本事業は、鈴川ECが静岡県富士市に保有する発電設備(定格出力11.2万kW、2016年9月運転開始)の燃料を、石炭から木質ペレットへ変更し、バイオマス発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
上水道から再生エネ 「マイクロ水力発電」脚光
上水道から再生エネ 「マイクロ水力発電」脚光. 2019/12/05 05:00. [読者会員限定]. 読者会員限定です. 読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をして ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、石炭火力発電所をバイオマス発電所に転換
中部電力は4日、三菱商事パワー(東京)などと共同で設立した会社が運営する静岡県富士市の石炭火力発電所を、バイオマスに転換すると発表 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
五霞町 太陽光発電、条例制定へ 住民周知と説明求める
五霞町は4日、太陽光発電設備の設置事業者を対象とした条例案を町議会定例会に上程した。町長が指定した抑制区域への設置自粛を促すとともに、設置前に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ザライ省:省内初の風力発電所を着工、地場とタイ企業
同社はこれに先立ち、南中部高原地方ダクラク省でタイグエン風力発電所(出力28.8MW)を建設し、稼働を開始した。南中部沿岸地方フーイエン省では、2020年3 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JFES京浜、発電設備リフレッシュ完了
JFEスチールは、東日本製鉄所・京浜地区(神奈川県川崎市)の構内にある扇島火力発電所で約270億円を投じて進めていたガス・タービンコンバインドサイクル ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
卒FIT太陽光の余剰電力を予測、日本気象協会が新サービスを展開
2019年11月から、再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)」に基づく電力の買取期間が満了となる住宅用太陽光発電、いわゆる卒FIT太陽光が登場し
posted by Mark at 23:39| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード