最近の記事

2019年12月06日

新郷村風力発電所が営業運転開始 47NEWS

新郷村風力発電所が営業運転開始
SGET新郷ウインドファーム合同会社(東京都、北川久芳代表社員)が青森県新郷村戸来戸来嶽の村有地に建設していた「新郷村風力所」が完成、11月30日 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自然電力 九州の企業として初のグリーンボンドを発行
自然電力は、2011年の設立以来、合計1GWの太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業に携わってまいりました。そのうち、国内外で太陽光 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
未来を支える小さな巨人 【リチウムイオン電池】
発電量が天候などによって左右される太陽光や風力など自然エネルギーの蓄電池として活用されるほか、各国が普及を急いでいる電気自動車(EV)にもリチウム ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パシフィコ・エナジー、290億円規模の太陽光ファンドを組成
パシフィコ・エナジーは、日本全国各地にて大規模太陽光発電プロジェクトを手がけている企業。同ファンドは、5件の大型太陽光所で構成されるものであり、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
和歌山)エコなまちづくり推進
県営ダムの維持放流水を活用した町営小水力発電所をつくるなどエコなまちづくりを推進してきた。そうした取り組みが評価され、他薦をもとに優れた地方公務員を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<社説>増加傾向の労災 重大事故の根絶に全力を
国頭村安波の「沖縄やんばる海水揚水発電所」の解体工事現場で、撤去作業中の電気ケーブルが落下し、作業員2人が死亡した。あってはならない事故で、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
防衛向け水中ドローン、航走能力高める「電池」開発へ
防衛装備庁は三菱重工業などと共同で、無人水中航走体(UUV)向けの燃料電池発電システムを開発する。発電システムの完成により、UUVの航走能力や航続 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再生可能エネ理解深めよう 金沢工大白山麓キャンパス 施設見学会
バイオマス発電設備は、地元の間伐材を木材チップとして燃料化して熱を発生させる仕組み。EVは災害時に「動く蓄電池」としても活用でき、参加者たちが理解を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Squad Mobilityが年間9000キロ太陽光で走行できるソーラーカーの予約受付を開始!
ルーフを覆うソーラーパネルで発電した電気で走行する自動車で、太陽光だけで年間9000キロの走行が可能という。そのSquadの予約受付が始まった。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
無名サッカークラブが「世界一エコ」で大注目 イングランド4部のフォレストグリーン
イングランドのサッカークラブ、フォレストグリーン・ローバーズは、「世界で今、最も注目を集めている」と称しても過言ではない。とはいえ、イングランド・フットボール ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
新郷村風力発電所が運転開始
新郷村で建設が進められていた「新郷村風力発電所」が完成し、3.....この情報へのアクセスは会員に限定されています。会員登録の上、ログインしてください。 [.
posted by Mark at 23:33| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード