最近の記事

2019年12月06日

バイオマス発電設備向けリース取り組みについて 三井住友ファイナン

ブラジル・ホンダの風力発電5周年=クリーンエネで60万台生産
【サンパウロ時事】ホンダのブラジル風力発電事業子会社「ホンダエナジー・ド・ブラジル」が運営する風力発電拠点が26日、稼働開始から5周年を迎えた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「グリーンチケット」で自家消費型太陽光発電システムに収益性創
一方、自家消費型太陽光発電は、電気代削減効果や、税制優遇効果を目的に導入される企業様も多く、CO2 を排出しないという価値=「環境価値」が目的では ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
石炭火力発電所 冬期間15基停止 PM10の発生を2300トン削減
産業通商資源部は28日、ことし12月から来年2月までの3か月間、 唐津(タンジン)や 泰安(テアン)など、韓国の西海岸地域を中心に石炭発電プラント8基から15 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「こんなに複雑な現場は入ったことない」 発電所死亡事故 金具に不具合か/沖縄
世界初の海水を利用した揚水発電所と期待された国頭村安波の「沖縄やんばる海水揚水発電所」の解体工事中、作業員2人が事故で亡くなった。現場は海辺の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
第2回「新潟県洋上風力発電導入研究会」が開催
研究会は、今年4月に施行された再エネ海域利用法の新制度に基づいて、新潟県内への洋上風力発電導入の可能性を探るために設置されたもので、6月に第1 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ケーブルが落下 作業員2人死亡 沖縄・発電所解体中
28日午後1時55分ごろ、沖縄県国頭村(くにがみそん)安波の「沖縄やんばる海水揚水発電所」の解体工事現場で、撤去作業中のケーブルが落下して作業員がけ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
秋田火力廃止後の跡地で風力発電 東北電が検討、調査へ
施設の老朽化などから廃止が検討されている秋田火力発電所(秋田市飯島)の跡地活用策として、東北電力が風力発電所を検討していることが29日分かった。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
九電、米LNG火力に参画 12.5%出資、11.8万キロワット分
九州電力は29日、米国での液化天然ガス(LNG)火力発電事業に参画したと発表した。三菱商事やJパワーなどと共同で出資し、事業権益の12.5%を取得した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
県と市に反対署名 太陽光発電で八幡台自治会ら
和歌山県和歌山市北部の和泉山脈で計画されている大規模太陽光施設の一つ「旭メガソーラー和歌山西庄発電所」について、計画地の八幡台自治会・西庄 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
避難所に発電機1349機 停電備え市町整備進む 防災安全統括部長
福井琴樹防災安全統括部長 県が2014〜16年度にかけ実施した主要な避難所への補助事業により、市町が要望した発電機1015機がすべて整備され、西日本 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
バイオマス発電設備向けリース取り組みについて
バイオマス発電設備向けリース取り組みについて. 三井住友ファイナンス&リース株式会社(代表取締役社長:橘 正喜、以下「SMFL」). は、出光興産株式会社
posted by Mark at 23:28| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード