最近の記事

2019年11月27日

株式会社ガスパルが茨城県鉾田市に太陽光発電所を取得 時事通信

株式会社ガスパルが茨城県鉾田市に太陽光発電所を取得
総合エネルギー会社”へ向けて茨城県鉾田市にある本発電所は、広さ約22,000平方メートル (東京ドーム約0.5個分)の事業用地に、7,616枚のソーラーパネルが ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新潟県が再エネ発電設備導入促進事業補助金の2次募集開始
2019年11月5日、新潟県はホームページにおいて、平成31年度新潟県再生可能エネルギー発電設備導入促進事業補助金の二次募集を開始したことを発表した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「ダムエレキくん」アイデア料理に 県管理ダム・発電所のゆるキャラ 知名度アップへ
ダムの灰色をごまクリームなどで表現し、厚木産トマトを使ったパン料理と、宮ケ瀬ダムと下流にある水力所をイメージした「ダムカレー」が選ばれた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
テスラパワーウォール3台と太陽光発電を組み合わせて33日間のオフグリッド生活をしてみた
Sicari氏は自身の太陽光発電を使った電力消費量や蓄電経験、バッテリーがどのように使われたかの詳細、どのくらいの電力を太陽光パネルが作り出したか、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自社の野菜くずで発電 フジの総菜子会社
スーパーのフジの総菜子会社、フジデリカ・クオリティ(松山市)は自社工場の野菜くずなどを活用したバイオマス発電を始める。本社敷地内に約2億4000万円投じ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
石炭発電のCO2、「50年にゼロ」まで削減必要 IEA
【パリ=白石透冴】国際エネルギー機関(IEA)は13日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」順守のためには、2050年までに石炭発電由来の二酸化 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
資源循環型農業を実現するもみ殻ガス化発電システムの実証を開始
YESはこのもみ殻を有効活用し、燃料としてガス化することでもみ殻処理問題を解決するとともに、熱電併給も行うことができる小規模分散型のもみ殻ガス化発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
環境発電用組み込みコントローラーを量産開始、SOTBを採用
ルネサス エレクトロニクスは2019年10月31日、エナジーハーベスト(環境発電)用組み込みコントローラー「REファミリ」を発表した。製品第1弾として「RE01」 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住宅用太陽光発電設備の余剰電力を活用した新たなサービス「四電WAONプラン」の開始について
四電WAONプラン」は、四国電力が、ご家庭の太陽光発電による余剰電力を買い取り、買い取った余剰電力に含まれるCO2排出量ゼロの環境価値をイオンの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
カンボジアのこども医療センターに太陽光発電を寄贈 エグチホールディングス
停電が起きるたびに医療スタッフが自家発電設備まで走り、発電を起動させていたという。こうした状況を踏まえ、3社は太陽光設備の建設を行うことを決め 
posted by Mark at 14:04| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード