最近の記事

2019年11月11日

住宅用太陽光発電に「価格破壊」の足音、普及の鍵を握る外資参入 ダイヤモンド・オンライン

住宅用太陽光発電に「価格破壊」の足音、普及の鍵を握る外資参入
日本では災害が起こるたびに停電する様子が報じられる。そんなときに役立つのが住宅用太陽光発電システムによる自家発電だが、なかなか普及しない。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
豪サウス32、南アの発電用石炭炭鉱売却
【シドニー=松本史】オーストラリアの資源企業、サウス32は6日、南アフリカに保有する発電用石炭炭鉱について、南アのセリティ・リソーシズ子会社などに売却する ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
最新火力発電所、トラブルで停止
北海道電力は7日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする石狩湾新港発電所1号機(北海道小樽市、56・94万キロワット)が設備トラブルで停止したと発表した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
北電の石狩湾新港発電所1号機 排ガス漏れ運転停止 北海道小樽市
運転を停止したのは北海道小樽市にある石狩湾新港発電所1号機です。北電によりますと、排熱回収ボイラーから排ガスが漏れているのを確認したため、7日 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
九電みらいエナジー、潮流発電技術実用化へ英国企業とEPC契約 協定を締結
九電みらいエナジー(福岡県福岡市)は10月31日、英国の潮流発電事業者SIMEC ATLANTIS ENERGY(SAE社)の100%子会社であるATLANTIS ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長岡のエネルギー「地産地消」着々 ガスと火力発電、地域に恩恵
新潟県長岡市で、地元産の天然ガスを燃料にして発電し、地域で消費するエネルギーの「地産地消」の取り組みが進んでいる。長岡火力発電所が稼働して1年余り ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
売電、自宅で、どっちがお得?太陽光発電の「卒FIT」
家庭での太陽光発電を優遇する制度が今月から順次終わる。これまで比較的高い値段で余った電気を電力会社に売ることができたが、制度の期間が終わると ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国外郭団体の助成金不採択 2年連続「地域との共生不十分」 地熱発電事業で指宿市
九州有数の温泉地、鹿児島県指宿市が計画する地熱発電事業で、市が独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」(JOGMEC)に申請した掘削工事の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電スピンドル市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2019-2025への分析
風力発電スピンドル Industry 2019グローバルマーケットリサーチレポートは、風力発電スピンドル の市場規模、成長、シェア、セグメント、メーカー、テクノロジー、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
『札幌市宿泊施設非常用自家発電設備整備補助事業補助金』の申請サポート開始
中小企業を支援する株式会社リブウェル(大阪市北区、代表取締役 牧野谷 輝)では、公募受付が開始された『札幌市宿泊施設非常用自家発電設備整備補助
posted by Mark at 16:01| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード