最近の記事

2019年10月30日

「FIT終了」で変わる住宅用太陽光発電の活用術 東洋経済オンライン

「FIT終了」で変わる住宅用太陽光発電の活用術
住宅用太陽光発電(以下、PV)の活用のあり方が今、大きな転換点を迎えようとしている。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT=Feed-in Tariff) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【特集】日本再生可能エネ Research Memo(2):太陽光発電等の再生可能エネルギー発電設備が主な ...
また、再生可能エネルギー発電設備等に対する投資運用を通じて地域経済の活性化及び発展に貢献し、環境関連産業の育成や雇用の創出といった新たな ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アストマックス---9月度の発電状況
アストマックス<7162>は15日、同社グループが保有する太陽光発電所の9月度の発電状況を発表した。 八戸八太郎山ソーラーパーク(青森県)は16.1万kWh( ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【インタビュー】「先進技術で石炭のゼロエミッション化を目指し、次世代のエネルギーに」−北村 雅良氏(後編)
前編では、石炭火力発電の課題は「CO2排出量」にあり、そのためには「効率化」と「CO2排出の抑制」が必要だとのお話がありました。具体的にはどのような方法 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
  
七尾大田火力発電所2号機 運転再開へ
ことし7月、トラブルが発生し、その後、運転を停止している七尾大田火力発電所2号機について、北陸電力は16日、再発防止策などを発表した上で、17日から ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ケソンの超臨界圧火力発電所、正式稼働
フィリピンのケソン州マウバンで15日、超臨界圧石炭火力発電が正式に稼働した。出力は45万5,000キロワット(kW)で、投資額は526億ペソ(約1,105億円)。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電プロジェクト開発・ファイナンスにおける留意点【JPIセミナー11月27日(水)開催】
ますます需要が高まる再生可能エネルギーの中でも、洋上風力発電は安定的かつ大規模な電源として期待され、欧州で発展を遂げてきました。アジアでも、複数 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
敦賀火力2号機、11月末運転再開へ 北陸電力
北陸電力は16日、トラブルで停止している管内最大の石炭火力設備2基の再稼働時期を発表した。7月から止まっている七尾大田火力発電所2号機(石川県 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三原の小水力発電稼働 地元NPO 長年の構想実現
三原の小水力発電稼働 地元NPO 長年の構想実現 ... 収益確保のため、08年ごろから、下ノ加江川での小水力発電構想を練り、水量調査や売電先の四国電力 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
蒸気発生器伝熱管の損傷
高浜発電所4号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力87万キロワット、定格熱出力266万キロワット)は、2019年9月18日から第22回定期検査を実施しており、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
振動発電技術
電力中央研究所が、”振動発電技術”を応用した新しいエンターティメントのデモンストレーションを行います。 展示ブース内でパフォーマーが創る「光のページェント」 ..
posted by Mark at 10:07| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード