最近の記事

2019年10月29日

日本の石炭火力発電、最大710億ドルの「座礁資産」になるリスク ロイタ

日本の石炭火力発電、最大710億ドルの「座礁資産」になるリスク
ロンドン 6日 ロイター] - 日本では再生可能エネルギーのコスト低下によって、石炭火力発電関連施設には、最大710億ドル相当の「座礁資産(市場・社会環境 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
災害時のスマホ電源確保に。手動で発電できる便利デバイス「LIFESABER」
地震や台風などの災害や、ハイキング中のアクシデントなどの緊急時、スマートフォン(以下、スマホ)は救助を求めたり必要な情報を得たりする手段として欠かせ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トランプ政権、海外から輸入の表裏発電太陽光パネルへの免税措置撤回
これにより、海外から輸入された両面発電のパネルは、トランプ大統領が2018年初めに発表した関税賦課の対象となる。現在の関税率は25%。新たな措置は10 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大阪ガス ドイツのVPP事業者と共同で太陽光発電量予測に関する実証を行
大阪ガス株式会社は、ドイツのバーチャルパワープラント(仮想所)事業者であるNext Kraftwerkeと共同で、太陽光発電予測に関する実証を行うことについて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三菱自、ガスタービンで発電するPHEV公開 東京モーターショー
三菱自動車は、小型の電動SUV(多目的スポーツ車)のコンセプト車を、「東京モーターショー2019(TMS 2019)」(一般公開:10月25日〜11月4日)で公開する。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
〔ゼノブレインAI解析〕地球温暖化、人工衛星に注目
ゼノブレインは、人工衛星関係以外に、CO2の排出削減につながるとして、バイオマス発電と原子力発電の需要増、ガソリン車の需要減、代替燃料の需要増を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
あま市 甚目寺公民館の非常用発電設備更新
あま市は、甚目寺公民館の非常用発電設備更新工事を指名競争入札で発注する。指名通知の時期は早ければ10月中旬となる。工期は約4カ月。 今回の工事 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2019:リモート発電機監視 市場業界の概要,販売,収益,アプリケーションと分析
リモート発電機監視 Industry 2019グローバルマーケットリサーチレポートは、リモート発電機監視 の市場規模、成長、シェア、セグメント、メーカー、テクノロジー、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本主導の中ジャワ発電所、来年運転開始へ
電源開発(Jパワー)や伊藤忠商事が出資するインドネシアのビマセナ・パワー・インドネシア(BPI)は、中ジャワ州バタン県で建設する中ジャワ石炭火力発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
さくらインターネット社長が語る、「電力は止まるを前提に、将来は自立したグリッドを」
こうした中、北海道胆振東部地震では、停電となった際にゾーンで1対1対応させていた非常用発電機が自動起動しなかったため、一部のサーバーで障害が起きた 
posted by Mark at 22:27| Comment(0) | 石炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード