最近の記事

2019年09月19日

中部の病院や学校、ガス発電導入広がる 災害リスク回避 日本経済新聞

中部の病院や学校、ガス発電導入広がる 災害リスク回避
中部地方の病院や学校で、災害リスクを回避するためガスを利用した発電空調システムの導入が広がっている。東邦ガスが納入し、設置済みの発電システムの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
もしもに備える!MPPT技術対応のポータブル高性能ソーラー機「Infinite Solar 5」を自社ECで販売開始
 
 
エネ・シード 愛媛県に風力発電所 建設計画
風力発電設備3基、発電規模は約7.0MWの計画だ。許認可を取得したのち、2020年7月ごろからの着工を予定し、2021年12月ごろに運用開始の見込みだ。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長引く断水、「想定外」=非常用発電機フル回転−対策、コスト面で課題も・千葉
約900戸で断水が続く多古町の担当者は「自家発電機をフル稼働しても配水需要には追いつかない」と語る。非常用自家発電装置は長期間の使用を想定した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アストマックス---8月度の発電状況を発表、3ヶ月連続予想量を下回る
八戸八太郎山ソーラーパーク(青森県)は16.8万kWh(キロワットアワー)と予想発電量を上回り、くまもとんソーラープロジェクト(熊本県・同グループの持分 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「福島原子力発電所汚染水」処理めぐりIAEAで韓-日が衝突
福島原子力発電所汚染水」処理めぐりIAEAで韓-日が衝突 ... 機構定期総会で、基調演説を通じて「(2011年の)原発事故以後、福島原子力発電所の汚染水処理 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電中研など、次世代火力発電プラント向けオンライン監視システム開発を開始
環境問題とエネルギー問題の双方の観点から、高効率な次世代火力発電プラントの活用が期待されているが、起動停止時や負荷変動時に生じる異常過熱 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
イメージワン---青森県にある稼動済み太陽光発電所を取得
発電所は、資本金0.98億円、システム容量1.8メガワットの規模。売電価格は40円/キロワットで、年間の売電額は0.61億円となっている。固定価格買取残存 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小水力発電でEV走らせよう 地産地消で課題解決へ 三田
小型の水力発電で得た電気で、住民の足となるコミュニティー電気自動車(EV)を走らせよう−。こんな夢に向かって、兵庫県三田市高平地区の地域起こし団体
posted by Mark at 17:28| Comment(0) | ガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード