最近の記事

2019年09月19日

神奈川県「共同住宅用自家消費型太陽光発電システム等導入費補助」募集開始 エキサイトニュース

神奈川県「共同住宅用自家消費型太陽光発電システム等導入費補助」募集開始
同県のホームページから申請様式をダウンロードすることができ、「神奈川県産業労働局産業部エネルギー課太陽光発電グループ共同住宅用太陽光補助金担当 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住宅用太陽光発電電力運用を学ぼう 10月19日イベント
住宅用太陽光発電による電力運用について学ぶ「どうなる太陽光?考えよう!エネルギーと家」は十月十九日午前十時から福島市のウィル福島アクティ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
岡山市で食品廃棄物利用のバイオマス発電所建設
岡山市に建設する新バイオマス発電所では、年間約1万6000トンの食品廃棄物をメタン発酵させ、発電に利用する。約1600世帯分に相当する電力が得られ、操業 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国営事業で太陽光発電 底原ダム堤体南側
国営石垣島土地改良事業として底原ダム堤体南側で整備されている太陽光発電設備は来年4月1日、運用開始となる予定だ。石垣島土地改良区(理事長・中山 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
経路の途中落下か SL北びわこ号、発電用ベルト紛失
JR西日本の「SL北びわこ号」の客車から、発電用ベルトがなくなっていたことが十三日、同社への取材で分かった。 「SL北びわこ号」は、八日に北陸線米原− ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消えた準絶滅危惧のチョウ、風力発電が影響?
準絶滅危惧種のチョウ「ゴマシジミ」が竜飛岬(青森県外ケ浜町)の尾根筋から姿を消したのは、風力発電施設整備と関係があるのではないか−。日本鱗翅(りん ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【関西電力】“第二のクロヨン”ラオス人民共和国・ナムニアップ1水力発電所が商業運転を開始
関西電力は6日、ラオス人民民主共和国で開発を進めてきた「ナムニアップ1水力発電所」の商業運転を開始した。ラオス政府と運転開始から27年後に施設を無償 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
日産が無償で電気自動車を避難所などに貸し出し
千葉県市原市の高齢者施設では非常用の発電設備では発電量が追い付かないため、日産の電気自動車「リーフ」を借りて車にたまった電力を施設に供給しました ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
原発近く、予防的避難必要
現在の制度では、発電所から半径およそ30キロ以内の地域で防災計画や避難計画が策定されます。ただ、発電所からの距離によって前もっての備えや避難指示 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「原発ゼロ」で経済再生 城南信金・吉原顧問が講演 前橋 /群馬
吉原氏は、東日本大震災の東京電力福島第1原発事故以降、原子力発電のあり方を疑問視。2017年には小泉純一郎、細川護熙両元首相らとともに「原発ゼロ
posted by Mark at 17:24| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード