最近の記事

2019年08月21日

下水汚泥で発電して環境負荷も低減、JFEエンジが新型技術を商用化 ITmedia

下水汚泥で発電して環境負荷も低減、JFEエンジが新型技術を商用化
これにより、1日当たり60wet-t程度の小規模焼却炉でも高効率発電が可能となっている。発電力量が施設の消費電力量を上回る、いわゆる電力の完全自立が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
徳島県、小水力発電施設の整備及び導入可能性調査に補助金
徳島県は8月16日、自然エネルギーの地産地消に向けて、県内における小水力発電施設に関して、整備に取り組む事業者及び事業化に向けた発電施設導入可能 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の固定価格買取期間が順次満了。再生可能エネルギーの未来は?〜時事解説
この金額は現在一般家庭が購入している電力の価格とほぼ同額であるからそれでもまだ高いとの指摘があるが、多分に政策的な買取制度でもあり、太陽光発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
桑名のRDF事故から16年 9月に事業停止、発電所解体へ
生ごみなどを燃料に発電する桑名市多度町の三重ごみ固形燃料(RDF)発電所で、消防士二人が死亡した爆発事故から十六年を迎えた十九日、所内で安全祈願 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
RDF事故16年で追悼 来月で発電事業終了 安全祈願行事は継続 三重
三重県桑名市多度町力尾の三重ごみ固形燃料(RDF)発電所で消防士ら7人が死傷した爆発事故から16年が経過した19日、発電所の敷地内で追悼や安全祈願 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トーヨーHD、国内外にバイオメタン発電所 エネルギー地産地消のモデル事業
トーヨーホールディングス(東京都千代田区、岡田吉充社長、03・4400・6104)は、メタン発酵ガス発電によるエネルギーの地産地消モデルの開発を進める。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
金沢湯涌温泉で旧水力発電所を再生 既存施設を活用した新事業に着手
新日本コンサルタント(NiX/富山県富山市)は、石川県金沢市湯涌地内において、既存施設を活用した新たな小水力発電事業(発電出力140kW相当)の開発に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JR西日本、初のゼロ・エネ駅実現へ 「環境発電」にも挑戦
ゼロ・エネルギー・ステーション(ZES)」は、晴れの日に、顧客設備の消費電力を太陽光発電と蓄電池を組み合わせて自然エネルギーのみで賄う駅のことで、同社 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
宮城の事業所、小型風力発電に参入 本県沿岸部に風車設置へ
センコン物流(宮城県)は秋田県で小型風力発電事業に乗り出す。来年度までに由利本荘、にかほ、男鹿の3市の沿岸部に出力19キロワットの風車を計14基設置 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2024年の世界のバイオマス発電市場|トレンドと成長、セグメンテーションおよび主要企業GE、Ameresco ...
レポートは、市場の規模と規模を推定する前に、世界のバイオマス発電市場業界を最初に定義する簡単な紹介と市場概要から始まります。次に、レポートでは
posted by Mark at 20:28| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード