最近の記事

2019年08月12日

オリックス、函館市で地熱発電所の建設開始 エキサイトニュース

オリックス、函館市で地熱発電所の建設開始
地熱発電では地下のマグマ熱によって高温になった蒸気と熱水をに利用する。そのうちバイナリー方式では、熱水で水より沸点の低い物質を蒸気に変え、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
青森)洋上風力発電 膨らむ期待
風に恵まれ、国内でも有数の風力発電の適地とされる県内で、海に建てた風車で電気を起こす洋上風力発電への期待が膨らんでいる。沿岸部の強い風を資源 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中国SF「三体」日本でもヒット 著者は発電所のエンジニアだった
数年前まで発電所のエンジニアと二足のわらじを履いていたという著者の劉慈欣(リウ・ツー・シン)氏(56)に北京で会い、創作の過程や中国SFの今後について ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スリーアールエナジー、「第7回[関西]太陽光発電展」への出展を決定
同社は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーにより、新しい未来を提案している企業。同展への出展では、主として産業用低圧太陽光発電所の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
社説:バイオマス発電 「エコ偽装」を排除すべき
木くずやパーム油、ヤシ殻など、自然由来の素材を燃やして発電るバイオマス発電をめぐり、どのようなあり方を再生可能なエネルギーとして認めるか、という ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スマートテック過剰電力買取価格改定 一部価格アップ
2019年8月9日、株式会社スマートテックは、固定価格での買取期間が2019年11月以降に順次終了する10kW未満の太陽光発電(卒FIT)を対象とした余剰電力 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再生エネ政策転換 普及拡大の流れ止めない制度に
再生可能エネルギーの電気を高値で買い取る制度について、経済産業省が、事業者による大規模な太陽光発電や風力発電を将来的に対象から外す方針を示した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
宮城県と東北電力、再エネの有効活用で連携
宮城県は大河原、仙台をはじめ7カ所にある合同庁舎に、太陽光システムや蓄電池を設置している。共同事業ではこれを活用して、仮想的な電力融通(P2P) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
児童、環境に理解を深める 一関でエコ体験教室
小学生が環境について学ぶ「夏休み☆エコ体験教室」(一関市主催)は10日、同市山目の一関保健センターで開かれた。児童らは発電体験やクイズ、新聞を使っ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
遊んで楽しく科学学ぼう 日立シビックセンター 「無重力」体験や発電競争 9月1日まで
頭と体を使って遊びながら科学を学ぶ夏休み限定の特別展「スポーツ・ラボ〜運動を科学しよう!〜」が、日立市幸町1丁目の日立シビックセンター科学館で開かれ ...
posted by Mark at 00:18| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード