最近の記事

2019年08月04日

平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」3次公募を開始 .

 
 
広がる、ため池太陽光発電 水冷効果で効率アップ
水面にパネルを浮かべる太陽光発電所が、2010年代半ばから全国有数のため池密集地の播磨を中心に兵庫県内で広がっている。発電効率の良さや山林開発 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
SOFC発電装置の開発で提携=英セレス・パワーと韓国・斗山〔BW〕
セレスがSOFC技術「SteelCell」を斗山にライセンスして、分散型SOFC発電装置を共同開発する。開発する発電装置は5〜20キロワットで、韓国の商業ビル ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
平成31年度地熱発電の理解促進事業の三次公募を開始しました
九州経済産業局では、平成31年度地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)の三次公募を開始しましたのでお知らせします。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」の2次採択 ...
経済産業省北海道経済産業局では、平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」について採択事業を決定しました ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
明治、北海道内全工場に自家発電設備の設置へ
明治は12日、北海道内の一部を除く全工場で、自家発電設備を設置すると発表した。事業継続の観点から、停電時の対応強化を図る。投資金額は約22億円。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
平成31年度「地熱発電の資源量調査・理解促進事業費補助金(理解促進事業に係るもの)」3次公募を開始 ...
本事業は、地熱発電の導入を目的とした地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や地熱資源開発事業者等が、地域住民への地熱資源開発に対する理解 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
クラゲが大量発生 発電所の操業を止める!イスラエル(動画)
イスラエル国内の発電・送電を担う国営企業、イスラエル電力公社(IEC)によると、今月3日、テルアビブから南へ30キロ離れたアシュケロンにある発電所で、海水 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
離島で知能制御の分散型ミクロ発電ネットワーク運転開始 江蘇・連雲港
【7月17日 CNS】中国・江蘇省(Jiangsu)連雲港市(Lianyungang)沖合ある小島「開山島(Kaishandao)」で、知能制御の分散型ミクロ発電電力消費
posted by Mark at 23:47| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード