最近の記事

2019年07月29日

清水建設、巨大洋上発電風車に対応 初の船舶、8月にも着手 SankeiBiz

海流発電システム「かいりゅう」、実用化に向けた初の長期実証へ
海に囲まれた島国という日本の特性をエネルギー分野に生かすべく、海流を活用した発電システムの開発を目指すプロジェクトが進んでいる。IHIとNEDOが ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
滋賀県が太陽光発電で売電をしている人に向けて情報発信
具体的な内容は、固定価格買取制度や卒FITについての説明、滋賀県における太陽光発電の推進についての取り組み、セールストークにまつわる注意喚起だ。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
防府バイオマス・石炭混焼発電所、営業運転開始
発電所の建設にあたって、両社は2014年9月に環境影響評価の検討を開始した。2015年2月には発電所の運転・保守および売電を目的とした事業会社を共同 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住友ゴム×関西大、タイヤの回転を利用した摩擦発電機の開発に成
発電した電力を蓄えセンサー類やワイヤレス回路を駆動できるため、各種デジタルツールの電源としての活用が見込まれる。例えば、空気圧やタイヤ周辺・接地面 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JR東日本 盛岡車両センターに太陽光発電設備を新設
JR東日本株式会社の盛岡支社は、青森県青森市の盛岡車両センター内にある使用しない留置線を利用し太陽光発電設備を設置した。2019年8月1日より運用を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消化ガス発電設備が完成、富山市 下水汚泥を燃料に
富山市の下水処理場で発生した消化ガス(メタンガス)を燃料とする発電設備が8月1日に稼働する。富山市上下水道局が消化ガスを売却。水処理大手の水ing( ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本沿岸の“黒潮”を活用!? 世界初の「海流発電」とは
再生可能エネルギーでよく知られるのは、太陽光、風力発電ですが発電できる能力に対して実際の発電量は、それぞれ、15%、20〜40%にとどまります。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
初期費用ゼロで太陽光発電を設置
東京都は「住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業」を2019年6月から始めた。16年に作成した「都民ファーストでつくる『新しい東京』〜2020年に向けた実行 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ポータブル発電機 の市場:2023年に製造業者、地域、製品タイプ、主要な適用分析及び予測による全体的 ...
ポータブル発電機 2019 市場調査レポート は、ポータブル発電機 Marketで投資を行い、事業を拡大したいと考えている投資家にとって非常に有用です。 直感と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
清水建設、巨大洋上発電風車に対応 初の船舶、8月にも着手
作業船は、発電能力8メガワット、海面からの高さが約200メートルという巨大な風車や、さらに大規模な約300メートルの風車の建設に日本で初めて対応。今年4 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
第751回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合
原子力規制委員会のホームページです。原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合の情報を掲載しています。
posted by Mark at 00:49| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード