最近の記事

2019年07月29日

東芝独自技術で発電量の予測誤差9.8%改善 エキサイトニュース

東芝独自技術で発電量の予測誤差9.8%改善
これは工学モデルと機械学習を融合させ、過去のデータや気象予測システムのデータを活用し設置条件などを推測するAIが発電量を高精度に予測したためだ。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
富士通研究所、振動発電の高効率化で新技術開発
振動発電では小さな磁石を並べて磁束を発生させる磁気デバイスを用いて、運動エネルギーを電力に変換する。人の歩行、モーターやエンジン、橋や建物の振動 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝、AIを活用し太陽光発電量を予測する技術を開発 予測誤差9.8%改善
同技術は、同社独自の気象予測システムから得られるさまざまデータを活用するとともに、太陽光発電設備の性能や設置条件が不明な場合でも、過去の同設備 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水力発電の仕組み 児童が模型で学ぶ
水をかけたプロペラが回って電気が点灯すると、驚きの声を上げた。佐武美咲さん(10)は「水で発電しているなんて知らなかった。水を大切にしていかないと」と話 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ごみ焼却の完全自動化で、発電量増大に期待
JFEエンジニアリングは7月18日、ごみ焼却炉の完全自動運転に、国内で初めて成功したと発表した。 廃棄物処理施設では主要な設備である焼却炉を安定的に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自然エネルギー革命:@環境重視の社会的な流れ
技術革新や規制強化による風力発電と太陽光発電のコストの大幅低下で、導入量が拡大し、電力市場に革新的な変化をもたらし始めています。自然エネルギー ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北電、再生エネ事業者に出力制御準備を要請
北海道電力は22日、道内で再生可能エネルギー設備の導入量が増えたことで今後、設備の出力制御を行う可能性が高まったとして、発電事業者に出力制御に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【自由研究】電源不要の電気!?超音波素子で発電
超音波での浮上実験(詳細は、本書の147 ページの実験に使用している、超音波の発生素子を利用した発電実験を参照。)のあと、より深い理解のためにこの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
諫早のもりやまこども園に寄贈 そらべあ基金とソニー損保 /長崎
地球温暖化防止に取り組むNPO法人「そらべあ基金」(東京)とソニー損害保険(同)が、諫早市森山町の「もりやまこども園」に太陽光発電設備を寄贈し、式典が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ごみ発電施設 11月に稼働へ スラバヤ市
東ジャワ州スラバヤ市ブノウォのごみ最終処理場で建設中のごみ施設が、11月にも稼働する見通しであることが分かった。リスマ市長がこのほど、明らかに ..
posted by Mark at 00:43| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード