最近の記事

2019年07月29日

世界最大級のバッテリーを備えた巨大太陽光発電施設の建設がスタート GIGAZINE

 
 
日立造船、モスクワ州のごみ焼却発電プラント設備を受注
同市近郊に建設されるごみ焼却発電プラント建設計画の枠内で、主要設備のごみクレーン、火格子、排ガス処理設備などの設計、機器供給、据え付け・試運転時 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三桜工業がS高、新型熱電発電素子を東工大と共同開発
本日午前11時に新型熱電発電素子を東京工業大学と共同開発したと発表し、買い材料視された。熱源に置くだけで発電し、摂氏50度の環境下で4カ月連続発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三桜工が急反発、新型熱電発電素子の連続発電試験に成功
三桜工業<6584>が急反発。午前11時ごろ、熱源に置くだけで発電する新型熱電発電素子を東京工業大学と共同開発し、50℃の環境下で4カ月の連続発電に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光・風力発電設備急増 新エネルギー拡大をリード
中でも、太陽光と風力発電の場合、設置規模が去年の同じ時期に比べ、それぞれ49.2%、84.4%と大幅に増えました。現在導入されている全体の再生可能 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水上ソーラー:フィリピンが初のハイブリッドの水上太陽光・水力発電プロジェクトを始動
このパイロット設備は、フィリピンの大手再生可能エネルギー会社の1つであるSN Aboitiz Power-Magat(SNAP)の初の非水力発電プロジェクトである。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長野市と日立造船、小学校でごみ発電の環境教育
長野市は17日、ごみ発電事業に関する環境教育を市内の小学校で初めて実施した。市は2019年度からごみ処理で発生した熱を電気に変えて市内の学校で活用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
根室管内の酪農家で自家発電設備導入進む 補助制度拡充、発注急増し納入遅れも 乳業メーカーは詳細 ...
昨年の胆振東部地震に伴う全域停電で被害を受けた管内の牧場で、自家発電機の整備が進んでいる。9割以上の組合員が発電機の発注を済ませた農協も複数 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク『PV2019 太陽光発電展示会&フォーラム』へ出展
□PV2019 の概要 『PV2019』は、2008年より毎年開催されている『PV Japan』の2019年度展示会であり、太陽光発電に関するあらゆる情報・製品・技術・ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スマホの充電切れがこわいなら、背中で発電すればいい。 夏休みの旅行にアリかもな…
太陽で発電できるソーラーパネルとモバイルバッテリーがひとつになっ ... スマホ充電5回分の蓄電が可能なので、歩きながら発電して電池が切れそうになったら ...
posted by Mark at 00:39| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード