最近の記事

2019年07月21日

発電 毎日更新 ⋅ 2019年7月19日 ニュース



東芝、AIを活用した太陽光発電量予測技術を開発
東芝は7月17日、独自AIを活用した太陽光発電量を予測する技術を開発したと発表した。同社の気象予測システムから得られるさまざまなデータを活用し、太陽光 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日立、多様な廃棄物を発電に/マルチ燃料式を開発へ、酒類や果物にも対応
日立製作所は、水分の多い食料や飲料を加工し、燃料に使用する新たな廃棄物発電システムの研究を進めている。酒類や果物、野菜などが主な対象で酒類は ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
三桜工−急伸、新型熱電発電素子への期待感が続く
前日の取引時間中に、新型熱電発電素子を東京工業大学と共同開発したと発表、その後は一時ストップ高まで急騰しているが、本日も買い先行の展開が続いて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
リモート発電機監視 市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2018-2023への分析
リモート発電機監視 2019 市場調査レポート は、リモート発電機監視 Marketで投資を行い、事業を拡大したいと考えている投資家にとって非常に有用です。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
分散型エネルギー発電 マーケティング戦略分析に2018と予測に2023
分散型エネルギー発電 2019 市場調査レポート は、分散型エネルギー発電 Marketで投資を行い、事業を拡大したいと考えている投資家にとって非常に有用です ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオマス発電に商機
防府市にバイオマス発電所が完成し、新年度に稼働します。出力11.2万キロワットでFIT(固定価格買い取り)制度を使って電力会社に売電(うりでん)します。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
富士通研究所、環境発電デバイスの発電効率を最適設計により向上させる技術を開発
株式会社富士通研究所(注1)は、エネルギーハーベスティング(環境発電)などで使われる磁気デバイスにおいて、平面状(2次元)に複数配列した磁石に対し、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
信州もみじ湖発電所が起工 21年度中に供用
県企業局は18日、県建設部管理のダムを活用して新たに行う水力発電事業の一つで、箕輪ダム(箕輪町)に建設する「信州もみじ湖発電所」の起工式を現地で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
福島県いわき市 バッテリーバレー狙う 水素や発電関連に期待
福島県は東日本大震災と原子力発電所事故からの復興のため再生可能エネルギーの普及に力を入れている。太陽光や風力発電の電気をためるバッテリーの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
<東証>三桜工が一時ストップ高 新型の発電試験成功で思惑買い
一時、制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比80円(18.3%)高の517円まで上昇した。18日、東京工業大学と共同開発中の、熱源に置くだけで発電できる ...
FacebookTwitter
posted by Mark at 01:58| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード