最近の記事

2019年06月29日

車両振動で発電するユニットを開発---発電機を路面に埋め込み レスポンス

車両振動で発電するユニットを開発---発電機を路面に埋め込み
竹中工務店は6月20日、セイリツ工業、湘南メタルテックと共同で、全国初となる、車両走行可能な、高出力振動発電ユニットを開発したと発表した。路面に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
竹中工務店ら、高出力の振動発電ユニットを新開発
竹中工務店は6月20日、セイリツ工業および湘南メタルテックと共同で、高出力の振動発電ユニットを開発し、LED照明と組み合わせた車両誘導システムを ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
改正アセス法対象の太陽光発電、運転開始期限を5年に延長の方針
そのため新たに環境アセスメントの対象となる太陽光発電事業の運転開始期限の見直しと、改正法施行期日より前に認定を受けた場合について議論が行われた
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電「対応に苦慮するほど引き合いが増えている」(シーメンス日本法人社長)
シーメンス(東京都品川区)の藤田研一社長は、都内で開いた事業説明会でガス&パワー事業の国内展開について「今後、年4―5件の中型発電設備を受注 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電、どう変わるの?
太陽光で発電した電気を売ってお金がもらえる仕組みが、今年の秋に大きく変わると聞いたわ。わたしたちにとって得になるのかしら、損になるのかしら。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
運搬・移設も容易なコンテナ収容型太陽光発電給湯ユニットの事業化を産学官連携で開始
金沢工業大学は株式会社アクトリー(石川県白山市)と東京大学先端科学技術研究センター、石川県工業試験場と連携して、コンテナ収容型太陽光発電・給湯 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤシ残さでバイオ発電 青森の再生エネ会社
小型風力発電などの再生エネルギー事業を展開する「アウラグリーンエナジー」(青森市第二問屋町、川越幸夫社長)は、インドネシア・スマトラ島アチェ州で、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ZEHが増えれば発電所はいらない?
太陽光発電の普及促進の鍵を握る「ゼロエネルギー住宅」、通称ZEH(ゼッチ)。ゼロエネの家を建てて補助金がもらえると人気を博している。では、日本の全ての ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電と鳥 マップで衝突防止を “共生”へ新潟大教授ら議論
新潟県内でも設置が進む風力発電と野鳥の“共生”について考えるシンポジウムが23日、新潟市中央区の新潟大学駅南キャンパスときめいとで開かれた。風車の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地熱発電事業、青森県風間浦村と青森市で掘削調査を開始
オリックスは、下北郡風間浦村、および青森市において、これまで地表調査を実施してきました。このたび、地元関係者のご了承のもと、独立行政法人石油天然 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
2019年6月23日東京電力ホールディングス株式会社福島第一廃炉推進カンパニー. 福島第一原子力発電所の状況について、以下のとおりお知らせいたします
posted by Mark at 15:10| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード