最近の記事

2019年06月29日

日陰でも効率的に発電する「太陽光システム」の仕組み ニュースイッチ Newswitch

日陰でも効率的に発電する「太陽光システム」の仕組み
現在主流の太陽光発電システムは、パワーコンディショナー(PCS)に搭載されている最大電力点追従制御(MPPT)により太陽光発電パネルの最大電力を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電、曲がり角に=建設激減、関連企業破綻も−ドイツ
【ベルリン時事】ドイツの総電力の2割を占め、再生可能エネルギー普及の主役を担ってきた風力発電が曲がり角を迎えている。補助制度の変更や、地元住民の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自治体による太陽光発電への課税、JPEA「断固反対」
太陽光発電協会(JPEA)は6月20日、自治体による太陽光への法定外目的税導入について、その税負担の多寡にかかわらず、断固として反対との立場を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再エネ発電業者 工事費返金求め 東北電力を提訴
再生可能エネルギーの発電事業者が送電線への接続工事の費用約1億円の返金を求めて東北電力を提訴しました。 再エネ事業者の弁護士:「つなぐ先が東北 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
発電、Bluetooth対応−−シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにて ...
シチズンが開発したIoT対応のスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」が、GREEN FUNDINGにて大きな注目を集めている。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大林組、秋田県沖の洋上風力でスペイン企業と連携
大林組は、開発可能性に関して調査を進めている「秋田県北部洋上風力発電事業」について、6月17日にスペインの風力発電設備メーカーであるSiemens ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
あおぞら銀行、石炭火力発電のプロジェクトファイナンスには取り組まない方針
これは先進国において、低炭素・脱炭素社会の実現に向けた取り組みが進むなか、金融機関としての責務をより明確にするため、石炭火力発電所プロジェクト案件 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
7月から掘削調査開始 オリックス・風間浦地熱発電開発
青森県風間浦村下風呂地区で出力2千キロワット級の地熱発電の事業化を目指しているオリックス(本社・東京)は21日、同地区の旧下風呂小学校の校庭で、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小型風力発電設備の事故、原因は「ボルト締め付けの不備」 調査結果が発表
経済産業省は6月19日、2019年に青森県と秋田県で起こった小形風力発電設備(型式:C&F Green Energy Ltd.製 CF20JAPAN)のブレードやナセルの落下 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電機の夜間稼働停止申し入れ 府、厳しく対応求める /京都
府は21日、米軍経ケ岬通信所(京丹後市丹後町)が約束に反して18日夜から発電機を稼働していることに対して直ちに停止するよう強く申し入れたことを明らかに
posted by Mark at 15:05| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード