最近の記事

2019年06月27日

シーメンスガメサ、洋上風力で世界シェア5割超のワケ 日経ビジネス電子版

シーメンスガメサ、洋上風力で世界シェア5割超のワケ
この洋上風力の発電機メーカーで、5割超の世界シェアを持つのがスペインのシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーだ。同社は17年にシーメンスの風力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
川崎重工−浮体式LNG発電プラントの基本承認をDNV GLから取得
川崎重工業はこのほど、高効率の発電設備を浮体に搭載した浮体式液化天然ガス(LNG)発電プラントを開発し、世界有数の船級協会である「DNVGL」からガス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【ナビガントリサーチ 調査報告】仮想発電所のマーケットデータ:需要応答、サプライサイド、混合資産 ...
米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポートの調査レポート「仮想発電所のマーケットデータ:需要応答、サプライサイド、混合資産( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ソニー生命、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を青森県の保育園へ寄贈
ソニー生命保険株式会社は5月30日、青森県の社会福祉法人 三徳会 十和田めぐみ保育園に、同社として10基目となる太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
いわき・小名浜の東港整備へ 大型石炭発電設備見据え、東北地方整備局
東北地方整備局の高田昌行局長は9日までに、石炭の安定的な調達を担う国際バルク戦略港湾の小名浜港(いわき市)について、同市の勿来発電所で予定され ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
川重の「LNG発電船」、船級協会が設計基本承認 海上などで発電
川崎重工業は、液化天然ガス(LNG)を燃料として、船上の発電設備から地上に向けて電力を供給する「発電船」(浮体式LNGプラント)が、世界の主要な船級 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
岡山県 加茂発電所の発電機更新設計を委託
岡山県は、加茂発電所水車発電機の老朽化に伴う更新設計を建設技術研究所(岡山市北区)に委託した。納期は2020年9月30日まで。工事は準備が整い ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
近藤駿介 原子力発電環境整備機構(NUMO)理事長
原子力発電はトイレのないマンションと称されてきた。使用済み燃料を再処理した際に出る廃棄物の最終処分先が決まっていないからだ。しかし、問題を先送りにし ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
IEA、先進国の「縮原子力」に警鐘鳴らす報告書。エネルギー安全保障の脅威にも
代替の火力発電や送電網の整備が必要になり、40年までに1兆6千億ドル(約176兆円)の追加投資がかかることに加え、二酸化炭素(CO2)排出量も約40億 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三井住友F&L、青森県五戸町に8.4MWのメガソーラー稼働
三井住友ファイナンス&リース(東京都千代田区)は、青森県五戸町に出力8.4MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、5月24日に竣工式を開催した。
posted by Mark at 01:09| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード