最近の記事

2019年06月27日

恩氏が進める小型水力発電所建設に住民から不満 エキサイトニュース

金正恩氏が進める小型水力発電所建設に住民から不満
北朝鮮の国営朝鮮中央通信は先月31日、「中・小型水力発電所のおかげを被る」という記事で、各地で完成した中・小型水力発電の恩恵を地域住民が受けて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中国の太陽光発電、今後は主力エネルギーに―中国メディア
中国電源学会副理事長を務める陽光電源股フン有限公司(フンはにんべんに分)の曹仁賢会長は、「中国の太陽光発電は2025年より徐々に主力エネルギーに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ごみ発電でLRT運行 環境配慮、公共施設に供給 宇都宮市
クリーンパークはごみ焼却時の熱によってボイラーを動かし、発生した蒸気でタービンを回転させて発電している。出力は最大で毎秒7500キロワット。試算による ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電力買い取りサービス「スマートFIT」、「発電量 見守り機能」を無料で提供
株式会社スマートテックは、2019年6月6日、同社の電力買い取りサービス『スマートFIT』において「発電量 見守り機能」を無料標準サービスとして提供すると発表 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ケニアで進む地熱開発=電化率100%へ、輸出も視野
電力不足に悩むアフリカ諸国が依然多い中、火山国ケニアでは国土の特徴を利用した地熱発電の開発が加速している。2022年までの「電力アクセス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シャープエネルギーソリューション、太陽光発電推進中のベトナムでメガソーラーを建設
同社は、シャープ株式会社の子会社であり、太陽光発電システムの販売などを展開している企業。ベトナムのメガソーラーは、タイ王国のエネルギー関連 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
旭化成ホームズ、卒FITオーナーの余剰電力買取を11月から開始
また、固定価格買取期間を終えた太陽光発電設備(同社施工に限定)の余剰電力買取サービスを11月より開始する。買取価格は全国一律10円/kWを標準価格 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
九電も「卒FIT」買取単価を公表、IoTサービス初期費用ゼロに
太陽光発電の余剰電力を一旦預かり、余剰が発生しない時間帯に顧客が使用したとみなす。顧客は、蓄電池を設置した場合と同様に余剰電力を有効に活用 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ジンコソーラー、中国・上海の「2019 SNEC」に新製品を出展
この7種類の中には、『Cheetah(チータ)』および『Swan(スワン)』シリーズの新製品も含まれている。同製品についてジンコソーラーは、太陽光発電の産業をリード ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電グループ、無線給電の京大発ベンチャーに出資
Space Power Technologiesは、宇宙空間に設置した太陽光発電設備発電した電気を、マイクロ波に変換して地上に送電する技術的知見を基に、無線給電 
posted by Mark at 01:08| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード