最近の記事

2019年06月08日

2019−6−8

Jパワー、CO2有効利用を検討 石炭火力発電
Jパワーは5日、中国電力と共同出資する発電会社を通じて、国内初となる石炭火力発電所から回収した二酸化炭素(CO2)の資源への再利用を検討すると発表 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
仮想発電所に北電参加 分散した再エネや蓄電池遠隔制御
北陸電力(富山市)は、工場や家庭が所有する太陽光発電設備や蓄電池、電気自動車などをインターネットを通じて遠隔制御し、電力の需給調整をするバーチャル ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
目撃する太陽光発電ポンプ市場は予測期間2026年の間に収益成長率を高めました
このレポートは太陽光発電ポンプ会社、国、製品タイプの角度から、グローバルおよび主要地域の太陽光発電ンプマーケティングサービス市場の状況と展望を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
積水化学 太陽光発電など子会社の環境貢献設備が稼働
この太陽光発電設備により、700MWh/年以上の発電が期待され、山梨積水ではこの発電電力を本社・工場での自家消費に利用する。この電力量は山梨積水の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
変わる風向き、洋上風力発電は根付くのか
 
 
  
従来の2倍の発電効率を誇る次世代の原子炉技術はなぜオープンソース化されたのか?
そんな中、「使用済み核燃料を消費して、従来の原子炉の75倍の発電効率を誇る」として注目を集めた原子力ベンチャーが、その原子炉の設計資料をオープン ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Jパワー・鈴与電力−横浜市とVPP(仮想発電所)構築事業を展開
電源開発(Jパワー)と鈴与電力は5日、横浜市(林文子市長)と2019年6月1日付で蓄電池による電力を含む「電力供給契約」を締結し、横浜市港北区総合庁舎での ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電市場の成長と主要企業の影響要因:ゼネラルエレクトリック社、京セラ株式会社、三菱電機株式 ...
さらに、 現在商業的に使用さ れている有機 太陽光発電(OPV)/プラスチック太陽電池および多接合 太陽光発電(MJPV)および集光型 太陽光発電(CPV)の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力・水力・太陽光で充電可能な「コンテナ型蓄電池」、NTNが新開発
NTNは、貨物輸送用コンテナに風力・水力・太陽光の3種類の自然エネルギーによる発電装置と蓄電池を格納し、短時間で発電・電力供給が行えるコンテナ収納 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シャープ関係企業、ベトナムに太陽光発電所を建設
シャープエネルギーソリューションは6月5日、ベトナムのクアンガイ省に太陽光発電所(メガソーラー)を建設したと発表。タイのエネルギー関連企業Sermsang ...
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード