最近の記事

2019年05月24日

一本の棒で発電? 羽根のない次世代風力発電機「Vortex Bladeless」

  
一本の棒で発電? 羽根のない次世代風力発電機「Vortex Bladeless」
スペイン発祥の次世代風力発電機「Vortex Bladeless」。羽根の回転ではなく、一本の棒の振動でする新たな風力発電機だ。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
NAS電池、北海道の風力発電で初採用 蓄電で弱点補う
大容量の電気をためられる日本ガイシの「ナトリウム硫黄(NAS)電池」が、今春、北海道の風力発電所に初めて採用された。昨秋に大規模停電があった北海道 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
集光型太陽光発電(CSP)市場の世界的な産業分析、サイズ、シェア、成長、傾向および予測2019-2025
調査レポートには、「グローバル集光型太陽光発電(CSP)市場2019」という名前の集光型太陽光発電(CSP)市場の詳細な概要が記載されています。 >世界全体 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
藤巻建設、長野県須坂市に小水力発電
公共工事などを手掛ける藤巻建設(長野県飯山市)が同県須坂市で、同社初の小水力発電所を建設した。2022年度までの実証実験を経て、23年度から売電を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
《ブラジル》電力追加料金の単位額引き上げ=火力発電の経費増を埋め合わすため
ブラジルでは、水不足などで、水力発電所の発電量が減ると、火力発電所を稼動させる。火力発電の方がコストが高いため、火力発電所の稼動率が上がると、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
エコスタイルが関西電力と提携 太陽光発電オンサイトサービスの提供を開始
太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:大阪市中央区)は、関西 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北海道函館市恵山における地熱発電の資源量調査に関するお知らせ
レノバは、200年5月に環境・エネルギー分野での調査・コンサルティング事業を創業し、2012年から再生可能エネルギーを利用した発電事業を中心に行っている ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
秋田県湯沢市の地熱発電所(46MW)、ぶじ稼働 JOGMECが債務保証
電源開発(東京都中央区)は、秋田県湯沢市の山葵沢(わさびざわ)地熱発電所が5月20日に営業運転を開始したと発表した。同発電所は湯沢市の有望な地熱 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 ウェブ 
 
第5回実用発電用原子炉施設の廃止措置計画に係る審査会合
原子力規制委員会のホームページです。実用発電用原子炉施設の廃止措置計画に係る審査会合の情報を掲載しています。
posted by Mark at 14:12| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード