最近の記事

2019年05月20日

石炭火力発電の新規投資せず LNGは「調達から発電まで」 丸紅・柿木社長

石炭火力発電の新規投資せず LNGは「調達から発電まで」 丸紅・柿木社長
丸紅の柿木真澄社長は毎日新聞のインタビューに応じ、温室効果ガスの排出量が多い石炭火力発電について「一電力ビジネスにとどまらず、会社そのものの持続 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
中国電力と四国電力、ミャンマーの火力発電事業へ出資参画
中国電力株式会社(以下「中国電力」)と四国電力株式会社(以下「四国電力」)は5月16日、ともにミャンマーのヤンゴン管区で商業運転中の天然ガス火力発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シャルジャ首長国初のガス焚き複合火力発電所の着工について
本事業は、シャルジャ首長国で初となる大型IPP(注3)火力事業で、同国ハムリヤ地区に天然ガス焚き複合火力発電設備ユニット3基(約1,800メガワット)を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オリックス、印IL&FS風力発電所権益の残る51%取得目指す
オリックスはインドの複合企業インフラストラクチャー・リーシング・アンド・ファイナンシャル・サービス(IL&FS)グループの風力発電所7カ所の権益の51%獲得を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
ケニアの電源は再生可能エネルギーが8割超、日本企業も貢献
ケニア統計局が4月26日に発表した「エコノミックサーベイ2019」によれば、2018年のケニアの総発電量のうち、85%を再生可能エネルギー(水力、地熱、風力)が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
台湾初の商用洋上風力発電、建設進む 年末にも竣工へ
台北 19日 中央社)中部・苗栗県の龍鳳漁港で18日、台湾で最初の商用洋上風力発電施設「Formosa 1」第2段階の着工式が行われた。経済部(経済省)によれ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三ツ星ベルト、神戸拠点の設備増強 発電機用プーリー量産へ布石
【神戸】三ツ星ベルトは2019年度に神戸市西区の生産拠点で機(オルタネーター)用プーリー(滑車)「オルタダンパプーリ」の製造設備を増強する。投資額は5 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
京セラとBYDジャパンが太陽光発電システムとEVバスを活用した再エネ「需給一体型モデル」の新ビジネス ...
京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫、以下京セラ)と電気自動車のリーディングカンパニーである比亜迪(BYD)の日本法人 ビーワイディージャパン株式
posted by Mark at 21:08| Comment(0) | 石炭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード