最近の記事

2019年04月30日

0万円入金後に業者が倒産…「太陽光発電投資」の落とし穴 幻冬舎ゴールドオンライン

300万円入金後に業者が倒産…「太陽光発電投資」の落とし穴
太陽光発電投資には、自然災害や業者の倒産などのリスクがあります。これらのリスクを回避するには、業者選びや保険への加入など、事前の対策が重要です。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
再エネ促進へ「新施策」…白書原案 発電のCO2削減課題
再エネ促進へ「新施策」…白書原案発電のCO2削減課題. 05:00. [読者会員限定]. 無断転載禁止. 読者会員限定です. 読売新聞の購読者は、読者会員登録( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
転機を迎えた太陽光発電投資。固定価格買取単価の下落も中古市場活発化のきざし?
電力の「固定価格買い取り制度(FIT)」により太陽光発電が急速に普及するとともに、長期安定収入と設備費などの即時償却等による節税効果を狙い太陽発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
握って発電!ダイソーの「手動発電2LEDライト」が災害時用ライトの予備に良さそう
下のボタンを押すと、逆側面から「発電グリップ」が羽のように飛び出します。これを握って本体に押し込む→手を離し元に戻す、と繰り返すとLEDライト2個が点灯。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「脱原発」は世界の流れに逆行する
だが、記事本文を読むと、前段で「17年に392ギガワットだった発電容量は、最も低く見積もった場合で30年に352ギガワットまで減少すると予測」と書いている ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
さらに小さく、より高性能に 素材にこだわりイノベーションをもたらす
燃料電池はその内部にある電解質膜の温度を高くすれば発電量が増すのだが、その温度が90度を超え、水が蒸発するようになると急に発電ができなくなるという。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
残雪に映えるミズバショウ
長野市鬼無里の奥裾花自然園が29日、オープンした。雪が残る中、81万株のミズバショウが観光客を出迎えた。GW明けに見ごろを迎える。これまで自然園では ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
チャレナジー、第三者割当増資による資金調達を実施
次世代風力発電機「垂直軸型マグナス式風力発電機」を開発する株式会社チャレナジーは4月26日、第三者割当増資による資金調達を、この3月末に実施したと ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
平成の30年間 上越のまちはどう変化した? Google Earthタイムラプス動画で振り返る
上越市では、直江津港の火力発電所(2014年完成)建設や、埋立用の土砂の採取地跡に作られたたにはま公園、関川に架けられた謙信公大橋(2003年)、北陸 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ADB、ジャワ1に融資
アジア開発銀行(ADB)は29日、西ジャワ州カラワン県チラマヤで進む合計発電能力176万キロワット(KW)のガス火力発電所建設計画「ジャワ1プロジェクト」 .
posted by Mark at 23:19| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード