最近の記事

2019年03月22日

発電 毎日更新 ⋅ 2019年3月21日 ニュース



ロシアから木質ペレット輸入 バイオマス発電に 日本企業
日本の電力事業者は、ロシア極東の間伐材や木くずなどを固めた木質ペレットをロシアから輸入し、バイオマス発電に利用することでロシア側と覚書を交わし、日ロ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
宮城)仙台駅の自家発電設備を更新 JR東
JR東日本は、仙台駅の冷暖房用に使う自家発電設備を更新した。発電の際に出る熱も利用するコージェネレーション(熱電併給)で、熱回収率は従来の4割から8 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
<東北電>由利本荘沖の洋上風力発電計画 調査事業に参加
東北電力は20日、再生可能エネルギー開発のレノバ(東京)が由利本荘市沖で計画する洋上風力発電建設の調査事業に参加すると発表した。レノバなどが ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
八代港でバイオマス発電、エネ・ビジョンが国内最大級
熊本県は20日、豊田通商のプラント設計・施工子会社、エネ・ビジョン(名古屋市)が熊本県八代市に国内最大級の木質バイオマス発電施設を建設すると発表した ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
タタ日立社のインド工場、太陽光パネル発電に切り替え…電力消費量を約30%削減
日立建機の連結子会社で、建設機械の販売や部品の製造をインドで行う、タタ日立コンストラクションマシナリー(タタ日立社)は、西ベンガル州のカラグプール工場 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
熊本県に最大規模 木質バイオ発電所建設 県産活用 “環境立県”へ総力
熊本県の蒲島郁夫知事は20日、発電出力が75メガワットで国内最大級となる木質バイオマス発電所が同県八代市に建設されると発表した。2020年3月に着工 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力発電事業の調達コスト削減は進んでいるのか
川名:風力発電機は一般的に20年が寿命なのですが、20年で一度も故障しない部品もあるのです。現場の人間も入れ替わっているので、全部品の把握は非常に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
通天閣を人力発電でライトアップするイベントが開催
このイベントでは、開催者であるチームエジソンを中心に、大阪在住者やイベント訪問者とともに人力発電を行い、その電気で通天閣をライトアップするという試みを ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力・太陽光発電でエコに 建設業協同組合 入善高校に寄贈
黒部市、入善町、朝日町の建設業者ら六十七社でつくる入善建設業協同組合は二十日、入善町の入善高校に風力・太陽光発電システムを寄贈した。同校上田 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 12:03| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード