最近の記事

2019年03月08日

2019-3-5

自動車用エンジンはガソリンとディーゼルに大別できる
ガソリンは沸点が30〜220°Cの成分、軽油は沸点が200〜350°Cの成分です。引火点はガソリンが−40°C以下に対して、軽油は40°C以上。着火点(発火点)は ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【自動車用語辞典:エンジン「燃料による構造の違い」】ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いとは?
ガソリンは沸点が30〜220°Cの成分、軽油は沸点が200〜350°Cの成分です。引火点はガソリンが−40°C以下に対して、軽油は40°C以上。着火点(発火点)は ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
米のベネズエラ制裁 くすぶる原油上昇の火種
製油所は軽油を多くつくれる軽質で低硫黄の原油を求める。「(重質・高硫黄の)ベネズエラ産は要らない。今から軽質油を取りに行かないと間に合わない」と石油
posted by Mark at 01:39| Comment(0) | 軽油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード