最近の記事

2019年02月22日

2019-2-20

中国、2025年に軌道上で「太陽光発電所」稼働の意向。ロボットと3Dプリンタ活用、地上へ無線電力伝送
われわれに最も身近なクリーンエネルギー源といえば、近年では屋根の上に乗っかっていることが多い太陽光発電が思い浮かびます。しかし、屋根の上の太陽 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
滋賀の地域電力が環境債 太陽光発電に活用
太陽光発電施設は市内の2カ所で3月末から4月中旬に稼働予定だ。年間発電量は計約57万3700キロワット時を見込む。また、3月中旬までに市内の4小学校の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
火力発電の休廃止はなぜ止まらない
2023年度までにも供給力が不足するという事態が起きるのは、(大手電力が)総括原価と地域独占に守られていた時代に作った老朽火力を安直にたたむからだ」.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
その太陽光発電、転売できない可能性も! セカンダリー市場に向け今必要な視点 (1/3)
太陽光発電における「セカンダリー」とは、既に稼働済みで発電の実績などを持つ発電所のことです。新設の発電所とは異なり、量に対するキャッシュイン( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電に興味
洋野町で開かれた洋上風力発電フォーラムに参加した。東日本大震災の時は雫石町に住んでいたが、停電が起きて大変だったので、災害時に非常用電源として ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
兵庫県警とヤンマーが災害時の発電機借り受け協定 信号停電に備え
県内には停電時に発電機を接続することで復旧できる信号機が約350の交差点に整備されていますが、県警が現時点で保有する発電機は91台しかありません。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<東証>丸紅が続伸 台湾でガス火力発電所を建設
一時、前日比14円80銭(1.8%)高の822円30銭まで上昇した。20日付の日本経済新聞朝刊が「台湾でガス火力発電所の建設を今月中旬に始めた」と報じた。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝、米複合火力向けを受注/蒸気タービン、発電機納入
東芝エネルギーシステムズは19日、米国テキサス州に建設されるモンゴメリカウンティ複合火力発電向けに、45万キロワットの蒸気タービンと発電機を納入 ...
posted by Mark at 00:22| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード